成績が上がる子どもの親・保護者の5つの特徴【中学生/高校生】

こんにちは、NAOです。中学生や高校生にとって、先生以上に大切な存在が保護者の方々ですよね。今回は生徒たちと話をする中で私が感じた「成績がいい生徒の保護者の特徴」を紹介します。

1.よく褒める

これは最も感じることです。成績がいい生徒の保護者の方々は本当に生徒のことをよく褒めます。「お母さんに褒められた!」といつも嬉しそうに塾に来ます。テストの点数がいいから褒めるというより、テストを頑張ったことを褒めてくれているようです。

テストが良かった時も悪かった時も、結果よりプロセスを褒められることで、「次も頑張ろう」とやる気がでるのでしょうね。

2.子どもに任せる

成績がいい生徒の親は共通してあれこれとうるさく言わない人が多いです。「こうしなさい」と指示するより、「あなたがしたいならしていいよ」と許可をすることが多いです。

子どもは任せられることで「自分の頭で考える力」がついていくのだと感じています。

3.一緒に考えてあげる

任せるとは言っても完全放任ではありません。子どもの考えを尊重しつつ、一緒に考えてあげています。

例えば、成績がいい生徒はテスト勉強の計画などを考える時、お母さんに「どうすればいいと思う?」言われながら一緒に計画を考えてもらっているようです。

4.「勉強しろ!」と長時間怒らない

「勉強しなさい!」というのは成績の良し悪しに関わらず、全ての保護者の方が怒ることです。誰にでも勉強しない時はありますからね。

しかし、そんな時に1時間も2時間も勉強しないことを怒っていると、むしろマイナスに働いているように思います。例えば、「お母さんに1時間くらい怒られてて宿題が全部できなかった」と言ってくる生徒もいます。(もちろんそれだけが理由ではないはずですが。)

成績がいい子に聞くと、「一瞬めっちゃ怒られるけど、ほったらかしにされる。勉強してなくて困るのは自分だし。」と言います。

成績がいい生徒の保護者は、怒るよりもむしろ勉強の大切さを説いているように感じます。

5.テストの点や模試の判定を気にしない

テストの点が悪い時や模試の判定が悪い時に一番危機感を覚えているのは本人です。しかし、「なんでこんな悪い点とったの!!」と頭ごなしに怒られている生徒はもれなく勉強が嫌いになっています。だから、「勉強しなさい!」と怒られ、もっと嫌いになります。「勉強嫌いスパイラル」に陥ってしまいます。

「なんでできないんだ!」「結果が全てだ!」「もっと頑張れるはずだ!」と怒る上司みたいですね。

塾講師の立場から言えば、結果よりも「どこができているのか」「どこができていないのか」の分析の方が大切です。結果が悪かったのは残念でしたが、それは変えられません。今後変えられることに力を注ぐべきです。

まとめ

成績がいい生徒の保護者は「褒めて」いて、成績が悪い生徒の保護者は「怒って」います。

私には親の経験はありませんが、塾講師の研修で真っ先に教わったのは「褒める技術」でした。今でも大切に思っています。

「成績がいいから褒めている」のではなく、「褒めているから成績がいい」のではないでしょうか。

スポンサードリンク

【お知らせ】私の勉強ノウハウが書籍化されました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です