【書評】人生100年時代では生き方がガラリと変わる『ライフシフト』

こんにちは、NAOです。ビジネス書グランプリ2017で総合グランプリを勝ち取った『LIFE SHIFT』を読みました。人生について考えさせられる良書でした。

長寿が加速するとどうなるか

「100年生きるとこれまでの3ステージの生き方は機能しない」

これが本書の主張となります。3ステージとは教育・仕事・引退という人生です。つまり、100年生きるなら「学校を卒業して、会社に入り、定年退職する」という生き方はできません。

本書では以下の3人の人生を考えながら論証していきます。

  1. 1945年生まれのジャック
  2. 1971年生まれのジミー
  3. 1998年生まれのジェーン

ジャックの場合、平均寿命が70歳前後にとどまり、政府と企業の支援が手厚かったために、3ステージの生き方がお金の面で非常にうまく機能していた。

これまで3ステージの人生で上手くいっていたのはなぜなのか。それは寿命が短かったからです。65歳で引退してから5年ほど生きられる貯蓄があればよかったのです。

しかし、100年生きる可能性のある人(ジェーン)の場合は違います。65歳で引退すると35年間生きられる貯蓄が必要です。

65歳で引退して、しかも最終所得の50%の生活資金を確保するには、勤労期間に毎年所得の25%を貯蓄しなくてはならない。

(中略)

もし公的年金をまったく受け取れないとすれば、勤労期間に必要な貯蓄率は31%に跳ね上がる。

35年間生きるためには、毎年収入の31%の貯蓄が必要です。これは簡単なことではありません。努力して貯蓄し続けるのか、新たな生き方を模索するのか、選択せねばなりません。

働き方も変えねばならない

「貯蓄を増やすのではなく、80歳くらいまで働けばいい」そんな選択肢もあります。しかし、それでもこれまでの終身雇用の考え方はできなくなります。勤労期間が長くなることによる問題です。

ほぼすべての論者が一致している点がある。それは、いまテクノロジーが労働市場を激しく揺さぶっており、激変は今後も続くだろうという点だ。

インターネットの登場、ロボット、AIなどテクノロジーの発展により、様々な職が失われると同時に新たな雇用も生み出しています。

長く働けば、同じ仕事をずっと続けられる可能性が低くなります。

そんな観点からも3ステージの生き方は難しくなってきます。

3ステージからマルチステージへ

3ステージの生き方ができないならジェーンはどう100歳まで生きていけばいいのか。本書の後半ではその問題解決を提案します。

単に無目的に生きる若者たちとの違いは、無形の資産を築き、選択肢を増やすために、積極的に取り組むという点だ。具体的には、有益な基礎スキルを身に着け、オンライン上で評判を確立するという形で、生産性資産を築く。そしてジャックとは異なり、目的意識をもってさまざまな土地を旅し、多様な人々と知り合うことにより、変身資産も充実させる。

多様な働き方に対応するための柔軟性(変身資産)や仕事で所得を増やすのに役立つ力(生産性資産)を積極的に増やしていきます。

さいごに

かなりじっくり読まないと理解できない本格的な本でした。しかし、その辺の本を10冊読むより、本書を1冊読む方がずっといい読書体験ができると思います。

「余暇時間にただ遊ぶのではなく、自己投資を行うこと」

これこそが100年生きるために大切なのだと感じました。

スポンサードリンク

【お知らせ】私の勉強ノウハウが書籍化されました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

100歳まで生きると今までの生き方はできない!『ライフシフト』

こんにちは、NAOです。ビジネス書グランプリ2017で総合グランプリを勝ち取った『LIFE SHIFT』を読みました。人生について考えさせられる良書でした。

(さらに…)

スポンサードリンク

【お知らせ】私の勉強ノウハウが書籍化されました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です