【E判定からでも合格できる!】非常識な大学受験勉強法を元塾講師が教えるよ

「E判定」

この判定はとてもつらいですよね。

「ここから挽回できる方法はないのか・・・?」

そんなふうにお思いではないでしょうか。

大丈夫です。E判定からでも合格できます。

私自身、阪大志望でE判定でした。

しかし、現実には、阪大もその大学院にも合格できています。

E判定をとってからの勉強法をガラっと変えたことが合格に繋がりました。

そして、私が塾講師として教えていた多くの生徒たちもE判定からの合格を果たしています。

「E判定から合格できるわけがない」

常識的に考えたら、そうかもしれません。

しかし、それは「普通に」勉強していた場合の話です。

E判定から劇的に成績を上げて、合格するためには、常識的な勉強をしていたらダメなんです。

本気で志望校を諦めたくない人だけのために、

E判定から合格できる「非常識な勉強法」を特別にお教えします。

 

 

E判定から合格できる非常識な大学受験勉強法

1.答えを見てから勉強する

E判定から合格するために最も大切な勉強法は、「答えを見てから勉強すること」です。

「答えを見てから問題を解いても意味ないじゃん」

とお思いかもしれません。しかし、厳しいことを言いますが、そんなふうに考えているからE判定なんです。

バカにしているわけではなく、現状を正しく把握しないと、未来は変えられないので、あえて言っています。

E判定の人は間違いなく知識不足です。模試で出題される問題の解き方を覚えていません。だから、点数が取れていないんです。

ちょっと、考えてみてください。

小学生に「xを微分すると何になるでしょう?」と出題しました。

さて、この小学生が微分ができるようになるためには何時間考えるべきでしょうか。 

わかりますか?

答えは「0時間」です。

小学生は「微分」をそもそも知りません。だからこの問題はどれだけ考えてもできません。

「知識がないのに考えている時間はムダ」なんです。

問題を考える前に「微分って何なのか?」ということを知っておく必要がありますよね。

これはE判定の受験生でも同じです。

まずは、問題を解くための知識を知っておく必要があるんです。

E判定の実力で入試レベルの問題を考えても、残念ながら、ほとんどできません。考えた時間はムダになってしまいます。

残り少ない勉強時間、1秒もムダにはできないはずです。

E判定から合格するために、まず「答えを覚える」という勉強だけに集中しましょう。

知識を圧倒的にインプットすれば、解ける問題が爆発的に増えていきます。

 

2.過去問題を覚える

E判定から合格するためには、「合格点を取るための知識」を爆発的にインプットすることが大切です。

「合格点を取るための知識」は志望校の過去問題に詰まっています。

過去問題が全部解けるようになっていれば、合格点取れる実力ですよね。

過去問題の答えを見て覚える

この当たり前で単純なことを、なぜか皆はやりません。

「過去問題は入試の直前にやるもの」という常識にとらわれているんです。入試直前に過去問題をやって、できなかったらどうするのでしょうね。もう泣くしかありません。

E判定のまま過去問題を入試直前にやったらどうなるか。そんなことはやらなくてもわかっているはずです。

過去問題は志望校が1年に1度しか出題しない「良問ばかりの問題集」です。過去問題の知識は全てインプットしましょう。

受験科目全教科、赤本全年度分です。

答えや解説の考え方をそっくりそのまま覚えてください。そして自力でできるようになるまで練習をしてください。

次の定着段階③「答えを見ずに解ける」を目指しましょう。

過去問題の定着段階
  1. 過去問題の答えと解説を理解できる
  2. 答えを見ながら解ける
  3. 答えを見ずに解ける

過去問題を理解してから、10回以上トレーニングすれば覚えられるはずです。

これをやれば合格がどんどん近づいていきます。死ぬ気で覚えましょう。

 

3.過去問題と同レベルの入試問題集を覚える

過去問題を覚えられたら、過去問題と同レベルの入試問題集を覚えましょう。

過去問題を覚えただけでも実力はグングンついていますが、過去問題とずらした単元を出されると危ない状態です。そこを埋めていきます。

使用する問題集は志望校の過去問題が収録されている問題集であればOKです。

例えば、阪大なら「重要問題集」などに「(阪大・2016)」のように過去問題が収録されていますよね。そんなイメージで選んでください。

やることは一緒です。答えを見てから勉強します。

実力試しをしたい気持ちが出てくると思いますが、インプットが全て終わって時間が余っていれば、好きなだけできるので我慢です。

入試問題集のインプットまでできれば、B判定くらいは軽くとれる実力がついているはずです。

 

4.1日10時間以上勉強する

最後はアドバイスですが、1日10時間以上は勉強しましょう。

上記1~3の勉強法は非常識なほど効果的な勉強法ですが、効果はやった量に比例します。

スポーツのトレーニングと同じですよね。どんなに効果的なトレーニングでも、やらなければ効果はないです。

E判定の人は、過去の私自身も含めてですが、勉強不足であることが多いんです。

勉強法は大切ですが、もっと大切なのはそれをきちんと実践することです。

1日10時間勉強して、8時間寝ても、6時間遊べます。

1日10時間、インプットに集中すれば、あなたの実力は急激に上がります。

 

さいごに

E判定からの合格は非常に難しいことです。しかし、不可能ではありません。

E判定からの合格はできます。

普通の勉強を常識的にやっていても合格はできません。

非常識な勉強法で、非常識なほど努力すれば、合格はできます。

諦めずに、過去問題の暗記を全力で試してみてください。

すぐに効果を実感するはずです。

【大学受験】スタディサプリの効果的な使い方!難関大学に合格できる勉強法を教えるよ

2018.02.28

テスト前日から劇的に成績を上げる5つのコツと勉強方法を教えるよ【一夜漬け】

2017.08.20

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です