中学生の定期テスト対策にスタディサプリを使うべき5つの理由

「スタディサプリは中学校の定期テスト対策で使えますか?」

とよく聞かれるため、記事にします。

答えは「今すぐに使うべき」です!

スタディサプリを定期テスト対策に使うべき理由を解説します。

中学校の定期テスト対策におすすめな教材の特徴とは?

まず、中学校の定期テスト対策におすすめな教材の特徴を解説します。

定期テスト対策で選ぶべき教材の特徴は次の3つです。

定期テスト対策で選ぶべき教材の特徴

  1. テストにでる問題を練習できる
  2. 習いたてでもわかりやすい
  3. 問題数が少なく復習しやすい

順に解説しますね。

1.テストにでる問題を練習できる

定期テスト対策で選ぶべき教材の1つ目の特徴は「テストにでる問題を練習できる」ということです。

当たり前なんですが、テストに出る問題を練習しないとテストの点数は上がらないですよね。

だから、難しすぎたり、簡単すぎたり、範囲がバラバラになっているような問題集は使わない方がいいです。

せっかく勉強したのにテストに出なかったら、悲しいですよね。

定期テスト対策で使う問題集は「テストにでる問題が載っている問題集」を選びましょう。

 

2.習いたてでもわかりやすい

定期テスト対策で選ぶべき教材の2つ目の特徴は「習いたてでもわかりやすい」ということです。

定期テスト対策で勉強する問題は全て「習いたての範囲」です。学校の授業で1回聞いただけの内容なので、まだ理解できていないことが多いんですよね。

ただでさえ難しい中学校の範囲を、しかも習いたてで勉強しなければならないので、問題集はとことんわかりやすいものを選びましょう。

解説がとことん詳しい問題集で勉強すると定期テスト対策をスイスイ進めることができます。

 

3.問題数が少なく復習しやすい

定期テスト対策で選ぶべき教材の2つ目の特徴は「問題数が少なく復習しやすい」ということです。

定期テストで高得点をとるためには、定期テスト当日に学習した内容をしっかりと覚えている必要があります。

習いたての学習内容をしっかりと覚えるためには、何度も何度も繰り返して復習するしかありません。

そして、問題数は少なければ少ないほど復習がしやすいんです。次の2つを比べてみてください。

  • 「10問を何度も復習する」
  • 「100問を何度も復習する」

「10問を何度も復習する」の方が効率よく覚えられますよね。

定期テスト対策では「徹底的に問題数が絞られている問題集」を使った方が効率的に点数を上げることができます。

 

スタディサプリを定期テスト対策で使うべき5つの理由

それでは、スタディサプリを定期テスト対策で使うべき理由を解説します。

スタディサプリを定期テスト対策で使うべき5つの理由

  1. 教科書に合った問題集が無料でダウンロードできる
  2. 映像授業なので習いたての範囲もわかりやすく理解できる
  3. 最低限の問題だけに絞られている
  4. 戻り学習もできる
  5. 先取り学習もできる

順に解説します。

1.教科書に合った問題集が無料でダウンロードできる

スタディサプリでは「学校の教科書に合わせた問題集」を無料でダウンロードできます。

教科書に合わせて作られた問題集なので、学校の授業の範囲そのままです。だからスタディサプリの問題集は定期テストにそのまま出るんです。

しかも、スタディサプリに登録すれば、月額たった980円で5教科全てが利用し放題になるので、経済面でも非常にお得です。

テストに出る問題集で勉強できるので、努力がすぐに結果に結びつきます。

 

2.映像授業なので習いたての範囲もわかりやすく理解できる

定期テストの範囲は習いたてなので、理解しにくいですが、スタディサプリは映像授業で解説してくれるので、とてもわかりやすいです。

定期テスト範囲をもう一度授業を受けられるので、「あの時先生はなんて説明していたかな?」と悩む必要がありません。

さらに映像授業なので、2倍速で授業を受けることもできます。「ここはわかっているからとばそう」と効率的に時間を使うことができます。授業の質も塾に負けないクオリティですので、安心です。

習いたてで悩みやすい定期テスト範囲をわかりやすく勉強できるので、スイスイと進めることができます。

 

3.最低限の問題だけに絞られている

定期テスト対策では「復習をして当日まで覚えておくこと」がとても大切です。何度も何度も解き直して覚え直すんですよね。

スタディサプリは映像授業でじっくりと解説する「質重視」の教材なので、問題の量は徹底的に絞られています。だから、非常に復習がしやすいんです。

映像授業でしっかりと理解した最低限の問題を、徹底的に復習することで、点数アップのために効率的に勉強ができます。

定期テスト対策では、あれこれと手を出さずに、スタディサプリと学校の問題集だけに絞って徹底的に復習することが大切です。

 

4.戻り学習もできる

スタディサプリの中学講座では実は小6〜高3までの全学年全範囲の授業が利用できます。

だから、小学校〜中学校の範囲を復習がし放題なんです。

これまで勉強が苦手だった人にとてもおすすめなポイントです。

これまで勉強が苦手だった人は、これからの勉強だけを頑張っても理解しづらいと思います。

例えば中学3年生で習う「二次方程式」は、2年生の「連立方程式」や1年生の「方程式」がわかっていないと難しいです。けっして「頭が悪い」わけではないんです。基礎となる内容を知らないんですよね。

勉強が苦手だった人はこれまでに習った「これからの基礎となる内容」をしっかりと復習することが大切なんです。これまでに習った範囲の復習に役立つのが、スタディサプリです。

中1の「方程式」だけを復習するために問題集を買うのは経済的ではありませんが、スタディサプリなら復習し放題です。しかも、映像授業なので、たとえ知識がゼロでも理解ができます。

苦手な子にとことん優しい教材になっています。

 

5.先取り学習もできる

中高一貫校の生徒さん向けのおすすめポイントですが、スタディサプリでは高校生の範囲の映像授業やテキストも利用できます。

中高一貫校では中学校と高校の範囲を明確に区別されないカリキュラムになっていることが多いです。

そのため、中学生でも実は高校の範囲を勉強していたということが多くて、定期テスト対策の問題集の選び方が非常に難しいんです。

しかし、スタディサプリでは中学講座に登録するだけで、高校生まで全講座を利用できるようになるので、中高一貫校のカリキュラムでも問題なく対策ができます。

必要な範囲を自由に選べるところがスタディサプリのおすすめポイントです。

 

さいごに

スタディサプリが定期テスト対策に使える理由をおわかりになって頂けましたでしょうか。

私は塾講師としてたくさんの教材を研究してきましたが、正直、スタディサプリに対しては「こんなに質のいい教材が月額980円でホントにいいのかな」と思っています。

わかりやすい教材でトレーニングしないともったいないですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です