MENU

「ノートがきれいな人」は勉強できない!?その理由を解説します

The following two tabs change content below.

NAO

塾講師として多くの生徒の成績をアップした勉強ノウハウを解説するブログ「スタハピ」の運営者。 阪大&阪大院卒、塾講師歴5年、家庭教師歴6年、商社を経て、IT企業で勤務中。 ▶詳細プロフィール

 

こんにちは、NAOです。ひと昔前に『東大合格生のノートはかならず美しい 』という本が流行りましたが、私は「ノートを綺麗にとる人の方が勉強はできない」と思っています。その理由を紹介します。

目次

1.目的が間違っている

ノートを綺麗にとる人は「綺麗なノートを保存すること」を目的にしてしまっています。勉強ができるようになるためには「覚えること」が必要です。ノートをとることは手段なんです。

勉強ができるようになれば、ノートは必要ありません。覚えているからです。

テスト前など、「まとめノートを作って満足したけど覚えられていなかったから点数は低かった」ということはよくあることです。

学んだ内容を「ノート」ではなく「記憶」として保存することの方が大切なんです。

2.時間がかかる

ノートを綺麗に取ろうとすると時間がかかります。定規を使ったり、色ペンを使ったりと手間がかかります。

その時間で、2~3回自主的に確認テストしてみたらグッと覚えやすくなります。

綺麗なノートを家で見返すよりも、学んだその時に思い出す方がずっと記憶に残ります。

勉強ができるようになったら不要になってしまうノートに時間をかけすぎないようにしましょう。ノートは覚えるまでのメモとして役立てば十分です。

まとめ

「ノートが綺麗だから勉強ができない」というわけではありません。

しかし、綺麗なノートをとることよりも、覚えることの方がはるかに大切だということうを意識しておかなければ「ムダな努力」になってしまいます。

「早く覚えてノートは捨てる」という気持ちの方が勉強は上手くいきます。

【追伸】間違った勉強法ではどれだけやっても結果が出ません!

 

子どもの成績が全然上がらない…

 

がんばっているのに全然できるようにならない…

NAO

やり方が間違っているだけです!

勉強ができないのは頭が悪いわけでも、才能がないわけでもありません。

間違った勉強法」で勉強をしてしまってるだけです。

実際に私も正しい勉強法に変えるだけで、たった半年でE判定からA判定になり、大阪大学に合格することができました。

その勉強法を教えた生徒たちも、諦めかけていた高い目標を面白いほど達成してくれました。

「正しい勉強法」でやれば、短期間で結果を出すなんて簡単なんです。

だから、その「正しい勉強法」を体系的に紹介するために、無料のLINE講座を作りました!

公式LINEで限定記事を7日間毎日お送りしますので、順番に読むだけで正しい勉強法を学ぶことができます。

NAO

すでに1,000人以上の方に参加頂いています!保護者様にもご本人にも役立つ内容ですので、ぜひ参考にしていただけると嬉しいです!

>>LINE講座についての詳細はこちら

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる