MENU

結果を出すインプット術とは?『読めば読むほど頭がよくなる読書術』

The following two tabs change content below.

NAO

塾講師として多くの生徒の成績をアップした勉強ノウハウを解説するブログ「スタハピ」の運営者。 阪大&阪大院卒、塾講師歴5年、家庭教師歴6年、商社を経て、IT企業で勤務中。 ▶詳細プロフィール

こんにちは、NAOです。もっとインプットを磨きたいなと思って、『読めば読むほど頭がよくなる読書術』を読みました。勉強になったところを紹介します。

目次

1000冊読破したら怖いものはなくなる

そして、1000冊を超えたら怖いものはなくなりました。相手からどんなに難しい話をされても、専門用語を使われても、動揺しなくなったのです。さまざまな知識のストックがあるので、そこから「こういう意味だろう」と推測できるようになったからです。

この違いは、今と昔とでは、持っている「サンプル」の量が圧倒的に違っているからだと思います。

そもそもなぜ本を読んだ方がいいのか。読書によってなにを得られるのか。その利点の一つが「知識不足による不安」を解消することです。

大学院で、教授の話す内容が初めはチンプンカンプンでしたが、論文をたくさん読めば読むほど重要さがわかってくるようになったことを思い出しました。

「わからなくて不安」という状況では、なかなか好きになれません。好きになれないからやりたくない。だから、もっと「わからなくて不安」になる。

そんな負のスパイラルを脱出する方法の一つが「多読」なのだと感じました。

なぜその本をよむのか?

本を読む間瀬に、「自分はいったい何のためにこの本を読むのか?」という目的意識をハッキリ持つ。これが、頭のいい人が実践している「多読のコツ」なのです。

「多読」が重要といっても、ただ読むだけでは意味がない。

これは、勉強と同じだと思いました。勉強の効果がでないとき、「勉強すること」という手段が目的になってしまっていることが多くあります。本当の目的は「勉強して何かをできるようになること」のはずなのに、毎日問題集を解くことで満足してしまいます。そして、「結果が出ているのかどうか」は置き去りになってしまいます。

読書でも、「情報収集」という目的が達成されるなら全ページ読む必要はないということですね。読書は、目的のための「手段」だということを忘れないようにしたいです。

まとめ

目的意識を持って、1000冊(くらい)読むこと

私が一番心に残ったのは、これです。

他にも、速読術や記憶術など「読書」に関することなら大抵の技術が紹介されています。読書リストも掲載されており、コスパの高い本だと思いました。

本書に書かれているように、「読書はタイミング」。

私もまた読み返すことで、違った学びがまだまだありそうです。

【追伸】間違った勉強法ではどれだけやっても結果が出ません!

 

子どもの成績が全然上がらない…

 

がんばっているのに全然できるようにならない…

NAO

やり方が間違っているだけです!

勉強ができないのは頭が悪いわけでも、才能がないわけでもありません。

間違った勉強法」で勉強をしてしまってるだけです。

実際に私も正しい勉強法に変えるだけで、たった半年でE判定からA判定になり、大阪大学に合格することができました。

その勉強法を教えた生徒たちも、諦めかけていた高い目標を面白いほど達成してくれました。

「正しい勉強法」でやれば、短期間で結果を出すなんて簡単なんです。

だから、その「正しい勉強法」を体系的に紹介するために、無料のLINE講座を作りました!

公式LINEで限定記事を7日間毎日お送りしますので、順番に読むだけで正しい勉強法を学ぶことができます。

NAO

すでに1,000人以上の方に参加頂いています!保護者様にもご本人にも役立つ内容ですので、ぜひ参考にしていただけると嬉しいです!

>>LINE講座についての詳細はこちら

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (1件)

  • 突然のコメント、失礼いたします。はじめまして。
    書評でつながる読書コミュニティ「本が好き!」を運営しております、和氣と申します。
    貴ブログを拝読し、ぜひ本が好き!にもレビューをご投稿いただきたく、コメントさせていただきました。
    本が好き!:http://www.honzuki.jp/
    こちらのサイトでは、選ばれたレビューアの方が本をもらえるようになる「献本サービス」を行っています。
    1.会員登録 
     こちらのフォームよりご登録ください。
     http://www.honzuki.jp/user/user_entry/add.html
    2.書評投稿
     書籍を検索し【書評を書く】ボタンよりご投稿ください。
    3.ご報告
     貴ブログ名をご記載の上、こちらのフォームよりご報告ください。
     http://www.honzuki.jp/about/inquiries/user/add.html
    名前の通り「本好き」の方がたくさん集まって、活発にレビューを投稿して交流をされているサイトですので、よろしければぜひ一度ご訪問いただけましたら幸いです。
    よろしくお願いいたします。

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる