【最強の方法】「勉強ができる人」が必ず行っているたった1つのこと

The following two tabs change content below.

NAO

塾講師として多くの生徒の成績をアップした勉強ノウハウを解説するブログ「スタハピ」の運営者。 阪大&阪大院卒、塾講師歴5年、家庭教師歴6年、商社を経て、IT企業で勤務中。 ▶詳細プロフィール

「勉強ができる人」が必ずやっていることって、何だと思いますか。

たった1つです。

 

目次

たった1つのこと、それは・・・

「勉強ができる人」が必ず行っているたった1つのことは、

「勉強すること」です。

「いや、何を当たり前なことを言っているんだ」という声が飛んできそうですが、本当にそうなんです。

勉強ができる人は勉強をしていて、勉強ができない人は勉強をしていない。これが真実なんです。

スポーツで考えてみてください。「速く走れるようになる」という目標があったら、何をしますか。「とりあえず全力で走り込もう」と考えませんか。

練習するから、課題が見つかります。練習するから、速くなります。

「良いトレーニング方法」や「良いシューズ」を持っていても練習量が0では意味がありません。

行動が最も大切なんです。方法は補助にすぎません。

勉強ができない人は「ラクな勉強方法」ばかり探していて、行動をしていません。

もちろん勉強方法は大切ですが、「勉強方法研究が忙しくて勉強ができない」って本末転倒じゃないですか。

「勉強ができない」とお悩みの方は勉強方法について考えるのを中断してください。

そして、「勉強」という行動ができているかを見直してみてください。意外と原因はそこにありますよ。

 

努力するためのヒント:「目標」と「願望」は違う

行動できていない場合は、モチベーションが足りていません。

「勉強ができるようになりたいなぁ」は「願望」です。「宝くじに当たったらいいなぁ」と同じようなものです。

目標と願望は違います。目標は「達成したい」という強い意志を伴います。しかし、願望はただの憧れなんです。

「できるようになりたいなぁ(願望)」ではなく、「絶対できるようになるんだ!!!!(目標)」と考えることが全力で努力するコツです。

  • 運動神経が悪いから、
  • 走り方がわからないから、
  • 忙しいから、

だから走る練習しない。これは「速く走れればいいなぁ」と憧れているだけの人です。

  • 運動神経が悪いと思っても、
  • 走り方は調べて、聞いて、教わって、
  • 時間を作って、

走る練習を続ける。これが「速く走れるようになる」という目標を持つ人です。

 

まとめ

「願望」ではなく「目標」を持ちましょう。

「勉強ができる人」は必ず「目標」を持っています。

だから困難を乗り越えながら勉強をしています。

やらない理由ではなく、やる理由を見つけてください。

勉強ができるようになる一番の方法は「勉強すること」です。

【追伸】テストの点数を劇的にアップさせる「一番効果的な方法」とは?

 

子どもの成績が全然上がらない…

NAO

「正しい勉強法」に変えるだけでOKです!

勉強ができないのは頭が悪いわけでも、才能がないわけでもありません。

間違った勉強法」で勉強をしてしまってるだけです。

「正しい勉強法」を知っていれば、成績アップなんて簡単なんです。

実際に私が「正しい勉強法」を教えた生徒たちは、勉強法を変えただけで「次の定期テストで1教科30点アップ」、「E判定から3ヶ月で志望校に合格」など、面白いほど成績を上げてくれました。

だから、多くの人に勉強法をきちんとお伝えしたくて、正しい勉強法についての無料LINEマガジンを作りました!

公式LINEで「正しい勉強法」を解説した限定記事を7日間毎日お送りしますので、読むだけでお子様の成績アップの方法を知ることができます!

いま登録頂いた方には「成績アップの伸びしろがわかるオリジナル診断シート」無料プレゼント中です!
勉強法を変えるだけでどれくらい成績アップできるのか、ぜひチェックしてみてください!

お子様の成績アップにお悩みの保護者様はもちろん、ご本人での参加もOKですので、下のボタンから気軽にご登録ください!

NAO

既に2,000人以上の方に参加頂いています!成績アップのためにぜひ活用していただけると嬉しいです!

▼読者のみなさまのお声▼

目次
閉じる