元家庭教師が教える!中学生の家庭教師の正しい選び方

中学生の家庭教師はどんなふうに選べばいいの?

こんなお悩みに元家庭教師がお答えします!

実は、中学生と高校生では家庭教師の選び方が全然違います。

もっと言えば、今のレベルや目標によっても選び方が違います。

  • カリキュラムがしっかりしている
  • 価格が適正

よくある選び方ですよね。

でも、こういう客観的な選び方は正直、間違っています。

大切なのは、「生徒と教師がきちんとマッチングしているか」です。

他の中学生にとってベストの先生が、お子さんにとってもベストであるかはわかりませんよね。

選びたいのは「一般的なベストティーチャー」ではなく「お子さんにとってのベストティーチャー」ですよね。

そこで、実際に指導してきた家庭教師経験者として、どういった選び方をすれば成績が上がりやすいのかを紹介します!

実際のお子さんの性格や成績を考えながら、お読み頂けると嬉しいです。

 

家庭教師の選び方1 モチベーションを上げてくれる先生を選ぶ

中学生の成績を上げる家庭教師はモチベーションを上げることをとても意識します。

家庭教師の授業は週に1~2回です。しかし、週に1~2回の授業時間だけでは成績は上がりません。

だから、家庭学習の時間でしっかり勉強してもらうことが大切なんです。

高校生や大学受験生なら、生徒本人がやる気になっていることが多いですが、中学生で自主的に家庭学習ができる人はほぼいません。

遊びたい盛りなので、どうしてもスマホやゲームに夢中になってしまいますよね。

ここが、中学生と高校生の家庭教師の選び方が違う理由です。

遊びたい盛りの中学生でも、授業で定期的にモチベーションアップしてもらえば、しっかりと家庭学習ができます。

 

家庭教師の選び方2 中学校の教材を使って授業してくれる先生を選ぶ

「勉強がニガテ」と思っている中学生の場合、教材は中学校の問題集を使うのが効果的です。

勉強がニガテな子は学校の授業だけでは、理解しきれていないことがあります。

また、宿題もなんとなくやってしまっているので、知識が定着していません。

授業や宿題で知識が定着していないので、テストの点数も取れず、「勉強がニガテ」と苦手意識を持ってしまう負のスパイラルです。

それでは、この負のスパイラルを断ち切るにはどうすればいいか。

その答えが、「学校の授業と宿題を活用する」です。

学校の授業と宿題だけで知識が定着していないなら、もう一回同じことをやってみればいいんです。

全く同じ問題集を繰り返し勉強すれば、必ず覚えられるようになります。

塾に行っているのに成績が上がらない」という中学生がたまにいますが、

学校の授業と宿題が定着していないのに、塾で塾用教材の宿題を大量に出されてキャパオーバーになっているパターンです。

せっかく学校の授業を受けて、宿題をやっているのですから、それを活用しない手はありません。

学校の知識を定着させるために、家庭教師の授業で中学校の教材のフォローをしてくれるような先生を選ぶのがおすすめです。

 

家庭教師の選び方3 先生の学歴は気にしなくていい

「学歴が高い先生の方がいい」と思われている人が多いように感じます。

しかし、家庭教師に限らずですが、先生の学歴は正直気にしなくてOKです。

東大卒の先生に見てもらえば成績が上がるかというとそうでもありません。

むしろ、昔から勉強ができて、ストレートに東大に入ったような人は「できない人の気持ち」がわかりません。

それよりは、「全然勉強ができなかったけど、猛勉強して、勉強法を編み出して、GMARCHに合格した」みたいな先生のほうが勉強法がしっかり理解できています。

先生の学歴は気にしなくてOKということだけ覚えておいてください。

 

家庭教師の選び方4 体験授業をお願いする

ここはとても重要なポイントです。

家庭教師を選ぶ際には必ず体験授業を受けることをおすすめします。

体験授業は多くの場合、無料で受けられます。

はじめにも説明しましたが、家庭教師で大切なのは「生徒と先生がマッチングしているか」です。

モチベーションを上げてくれるかどうかも性格的な相性が大きいですよね。

相性ばっかりは実際に会って確かめてみないとわかりません。

だから、プロフィール的に魅力的な先生でも、体験授業を受けてから決めるようにすることをおすすめします。

 

家庭教師の選び方5 実績のある家庭教師サイトで探す

最後は実際の探し方になりますが、家庭教師を探すなら、実績のある家庭教師サイトで探すことが絶対的におすすめです。

その方がはじめから良い先生に当たる確率が高いです。

家庭教師として実際に様々なサイトに登録していましたが、悪いサイトだと管理がズサンで、在籍の教師に対して教育を一切行わないようなところもありました。

じゃあいいサイトってどんななの?

いい家庭教師サイトは例えば、家庭教師のノーバスなどです。

実際に資料請求などしていただければおわかりになると思いますが、

  • 第1志望校合格率95%超え
  • 厳しい教師採用基準&研修
  • 生徒1人1人に合わせたカリキュラムを準備
  • 定期テストの対策にもしっかり対応

と、中学生の成績を上げるために必要なものが全て揃っています。

本記事でお伝えした選び方を参考に、実績のあるサイトで良い家庭教師を選んでください!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)