「勉強したのに忘れてしまう」はさようなら!復習を自動化する「8対2勉強法」

「勉強したはずなのに忘れてしまった・・・」

「テスト前にやったのになんだっけ???」

あなたは「勉強したのに忘れてしまう」と悩んでいませんか。

勉強したのにできない時ってホント悲しいですよね。

そんなことににならないためのちょっとしたコツを紹介します。

 

忘れないためには復習が大切

勉強でやったことを忘れないためには、何度も何度も反復することが大切です。

つまり、「復習」ですね。

学校や塾などいろんなところで言われる「復習」はめちゃくちゃ大切なんです。

 

復習は大切だけど難しい

復習は大事だと思っていても実際はなかなかできないですよね。

なんたって復習はめんどくさいです。

勉強嫌いな人は「復習嫌い」と言っても過言ではないのではないでしょうか。

しかし、復習しないと勉強はできるようになりません。

だから、復習を後回しにせずに「自動的に」できる勉強方法にチェンジしてみましょう!

 

復習を「自動化」する8対2勉強法

復習を自動的にできる勉強法が「8対2勉強法」です。

勉強時間を区切って、その8割を「ノルマを進める時間」に、2割を「復習の時間」にする勉強方法です。

例えば、「1時間数学を勉強する」なら「50分で数学の問題集を解く」そして、「残り10分で今解いた問題を解き直し」をします。

こうすれば、勉強した当日に復習が自動的にできていますよね。

この勉強法だと「復習を後回しにしてしまって間に合わなかった」ということがなくなります。

1時間勉強する時は、50分で問題を進めて、10分は復習をしましょう。

2時間勉強する時は、 1時間半で問題を進めて、30分は復習をしましょう。

2割の時間で、同じ問題を何度も解くことで、めちゃくちゃ記憶が定着しますよ!

 

最後に

「8対2勉強法」だと必ず成果が出る勉強ができます。

しかし、もしかしたら

「この方法だと、進むペースが0.8倍に遅くなるじゃないか」

と思われる方もいるかもしれませんね。

しかし、復習をおろそかにしてしまうと、そもそもの成果がでません。覚えられなくて、テストでできないからです。

それば勉強ではなく、ノルマをこなすだけの「作業」になってしまいます。

あなたは、成果を出すために勉強をしているはずです。

「作業」ではなく「勉強」をしてください。

「8対2勉強法」は努力すればするだけ成果が出る勉強方法です。

8対2勉強法
勉強時間を区切って、その8割を「ノルマを進める時間」に、2割を「復習の時間」にする

1 個のコメント

  • 僕は勉強ができない子の理由は、とくに数学ができないって人は復習しないだけだと思うんですよ。
    できない人はバカ扱いされたり、グレでDQN化したりしますけど、本当にもったいない。
    人間の格差って、ほとんど「復習の壁」だと思いますよ。
    ピアノもプログラミングも数学も英語も仕事も、すべて復習で解決するとは言いませんけど、
    する人としない人じゃ天地の差がある。
    「理解の壁」や「読解の壁」なんかもありますけど、
    「読解の壁」は国語の「復習の壁」でもありますからね。
    「理解の壁」は知らんので、アスペ検査でもしたらいい。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です