「勉強したのに忘れてしまう」はさようなら!「復習不足」にならない勉強法

f:id:jdaaabc:20161229002447j:plain

こんにちは、NAOです。「勉強したのに忘れてしまう」と悩んでいませんか。復習不足にならないためのちょっとしたコツを紹介します。

忘れたら意味がない

そもそも勉強は「次はできるようにするため」にやるものです。やったのに忘れるような勉強は「勉強」とは呼べません。ただただしんどいだけの「作業」です。

「勉強したのに忘れてしまう」という悩みは今すぐに解消しましょう。

 

でも、復習の時間がとれない

しかし、復習しようと思っていても「課題が次々と降りかかってくるから、つい後回しにしてしまう」というのが現状ですよね。

目の前の課題やテストでつい復習を後回しにする人はこんな勉強をしてみてはどうでしょうか。

 

勉強時間を区切る

復習不足にならない勉強法とは、勉強時間を区切って、その8割を「ノルマを進める時間」に、2割を「復習の時間」にすることです。

例えば、「1時間数学を勉強する」なら「50分で数学の問題集を解く」そして、「残り10分で今解いた問題を見直し」します。

こうすれば、当日に復習ができるため、「復習を後回しにしてしまってテストができなかった」ということがグッと軽減されます。テスト前に復習する際の定着度も全然違います。

 

まとめ

8割の時間で進めると、ノルマを進めるペースは遅くなります。そのため、アセる気持ちがある方もいらっしゃると思います。しかし、復習をおろそかにしてしまうと、ノルマをこなすだけの「作業」になってしまいます。そんな作業を早く進めても意味がありません。

「学習したことを定着させること」を大切に「勉強」を積み重ねることこそが大切なのではないでしょうか。

■復習不足にならない勉強法■
勉強時間を区切って、その8割を「ノルマを進める時間」に、2割を「復習の時間」にする
スポンサードリンク

【お知らせ】私の勉強ノウハウが書籍化されました!

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です