テストの点数が悪かった子どもへの効果的な声かけ方法【「なんで悪いの?」はNG】

The following two tabs change content below.

NAO

家庭学習法アドバイザー。独自の勉強法を教えた生徒たちは「たった1ヶ月で定期テスト20→70点」や「わずか3ヶ月でE判定だった志望校へ合格」など、劇的な成績アップを達成。塾講師や家庭教師としての指導実績も多数。 ▶はじめての方への自己紹介
 

テストの点数が悪かった子どもへ何と言えばいいの?

NAO

こんな悩みにお答えします!

テストの点数が悪かったお子様へどのように声掛けをしたらいいかわからないとお悩みの保護者様は多いのではないでしょうか。

「点数の悪かった原因を正して、次は頑張ってほしい。」

「次こそは勉強時間を増やしてほしい。」

そんな思いで声掛けをしても、ついケンカになってしまいますよね。

でも、テスト返却をされたタイミングで効果的に声掛けすることができれば、今後の成績アップに大きくつなげることができます。

テストの点数が悪かった子どもの成績を上げるための声掛けのコツについて紹介します。

NAO

本記事の内容は次の音声動画でもお聴きいただけます!

目次

お子様の成績を今すぐ上げたい保護者様のために「自宅で劇的に成績アップできる勉強法」を紹介する無料LINEマガジンをはじめました!

  • 定期テストの点数がいきなり30点以上アップ
  • 無理だと諦めかけていた第一志望の高校に合格
  • E判定からたった3ヶ月で志望校に合格

学校では教えてくれない圧倒的な成績アップの秘訣を無料で解説していますので、気軽に友だち登録頂けると嬉しいです。

テストの点数が悪い子どもへやってはいけない声かけとは?

 

「テスト後にどうしてもケンカになってしまう」

NAO

過去の行動について聞いていませんか?

テストの点数が悪かった子どもへのNGな声かけ

なぜ点数が悪いの?

なぜもっと勉強しなかったの?

過去の行動について聞いてしまうことです。

多くの保護者様がついつい声かけしてしまいがちな言葉ですが、実はこれはNGな声かけなんです。これを聞いてしまうことで、ケンカに発展しやすくなってしまいます。

もちろん、ケンカをしようと聞いている言葉ではありません。単純に疑問に思うので、「なぜやらなかったの?」と聞いてしまいますよね。

でも、実はお子様にとっては過去の行動を聞かれることはツラい言葉になってしまうんです。

過去の行動について理由を聞かれた子どもは逃げられない

 

どうして子どもに過去の行動について聞くのはNGなの?

NAO

精神的に追い詰められてしまうからです!

「どうして点数が悪かったの?」

「どうして勉強をしなかったの?」

と聞くことは、お子様にとってツラい言葉になります。

その理由は、「過去の行動はもう変えられないから」です。

「どうして点数が悪かったの?」

「どうして勉強をしなかったの?」

と聞かれても、

  • 点数が悪かったという事実
  • 勉強をしなかったという事実

は変えられないです。

だから、「どうして?」と聞かれてしまうと、精神的に逃げられなくなってしまうんです。

そのため、子どもはついムキになって、「うるさいなあ」といった反抗的な態度に変わってしまいやすくなります。

自分自身の行動を反省することは難しい

 

普通に理由を答えてくれればいいんじゃない?

NAO

本人には難しいことなんです…

もちろん、

どうして勉強しなかったの?

と聞かれて、

たしかに、自分は勉強できていなかったかもしれない。それはYoutube を見すぎたり、ついサボっていたからだな。

勉強ができなかった原因について振り返られる子だったら、本当に素晴らしいことです。

でも、人間なかなかそうはいきません。

これは大人であっても同じです。

例えば、仕事で上司に

なんで上手くやらなかったんだ?

と言われると、ちょっとイヤな気持ちにならないでしょうか。

もちろん自分が悪いということはわかっていても、そんな言い方しなくてもいいんじゃないかと思う人は多いです。

わざと上手くやらなかったわけではなく、頑張っていたけど、上手くいかなかっただけですよね。

だから、お子様にとっても同じで、

どうして勉強をしなかったの?

と聞かれても、自分なりに頑張った結果だったので、嫌な気持ちになってしまうんです。

テストの点数が悪かった子どもへの効果的な声かけ

 

じゃあどうすればいいの?

NAO

過去のことは褒めてあげてください!

変えられない過去のことについて「できなかった理由」を聞いてしまうと、お子様の中でいい回答が見つからなくて、辛くなってしまいます。

だから、過去のことは追求するのではなく、「できたところ」を褒めてあげることが効果的です。

「どうして勉強をしなかったのか?」

「どうして点数が悪かったのか?」

とつい聞きたくなるくらい、「できなかったところ」のほうが目についてしまうかもしれません。

でも、お子様ができたことは絶対にあるはずです。

お子様が自分なりにがんばっていたところを褒めてあげてください。

変えられない過去のことは、まずはお子様に寄り添って認めてあげることが大切なコツです。

成績アップのためには「未来の行動を問いかける」

 

でも、過去を褒めるだけだと、これから変わらないんじゃないの

NAO

そのために「未来の話」をしてあげてください!

過去についての話が終わったら、「変えられる未来」のことについて質問をしてあげてください。

こちらは変えられることなのでお子様にとっても自由に考えることができます。

具体的には

次は良い点取りたいよね、どうしたらいいと思う?

と声かけをしてあげて頂きたいです。

このように問いかけてあげることで、お子さま自身も

 

悔しいな次こそは頑張ろう

ふわっと「次は頑張ろう」と思っていたことについて

 

ちゃんと次は勉強時間を5時間から8時間にしよう

 

次は勉強量を解き直し2回しかしてなかったから4回やってみよう

などの具体的な行動を考えるきっかけになれます。

そのキッカケになる言葉が

次はどうしたらいいと思う?

という優しい問いかけなんです。

塾講師や家庭教師もやっているテクニックになりますのでぜひ試していただけると嬉しいです。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる