【家庭教師の選び方】成績が上がる家庭教師を選ぶための5つのポイントを元家庭教師が解説します!

家庭教師ってどう選べばいいの?

こんな保護者様の疑問に回答します。

家庭教師は1対1での授業です。

生徒との相性など、「どんな先生を選ぶのか」がとても大切なポイントです。

元「めちゃくちゃ成績を上げてきた家庭教師」として【成績を上げる家庭教師の選び方】を徹底解説します。

家庭教師を選ぶ5つのポイント

選び方1.必ず体験授業をする

家庭教師の選び方で一番大切なことは「必ず体験授業をお願いすること」です。

会う前にいい先生かどうかは、はっきり言ってわかりません。

成績を上げるには

  • 生徒がやる気が出る授業
  • 生徒の分析を正確に行える
  • 状況に合った勉強方法を伝えられる

と、生徒の現状に合わせた指導が必要です。

めちゃくちゃ勉強ができる人をさらに伸ばすのが得意な先生もいれば、勉強ができない人を伸ばすことが得意な先生もいます。

運動部バリバリ系の教師もいれば、オタクな話が合う先生もいます。

だから、体験授業をしてお子様との相性をしっかり判断することが大切なんです。

候補の家庭教師は「プロフィールをしっかり書いているか」で判断してください。

プロフィールをしっかり書いている先生なら熱意がありますので、候補の選び方は直感で問題ないです。

 

選び方2.体験授業で過去のテストの分析をお願いする

体験授業では、過去のテストや模試などをできる限り見せてください。

力のある教師なら、直近2-3回のテストを見れば、だいたいの問題点は把握出来ます。

例えば、ざっくりですが、

・社会はダメだけど、数学は高得点

→コツコツとした努力が苦手なタイプ

・英語の定期テストは得意だけど、実力テストは苦手

→暗記寄りの勉強方法へもっていけば、実力がつくタイプ

のような分析ができます。

その他、勉強が出来なくなったタイミングや苦手単元など詳細にヒアリングさせて頂けたら、30分もあれば学習カリキュラムの大筋が立てられます。

お子様の現状を正しく把握して、課題解決できる力がある先生なら、きちんと勉強カリキュラムを提案してくれます。

 

選び方3.体験授業で「今使っている教材」を見せる

現状把握してもらったあとは、今使っている教材を見せてください。

過去のテストと見比べることで、

  • 適切なレベルの教材かどうか
  • 発展ページは必要かどうか
  • どのような順番で勉強すればいいか
  • 場合によっては教材変更

などがわかります。

教材の選び方は学習計画で最も大切なポイントです。

教材についても意見を求めてみてください。

 

選び方4.体験授業で勉強法を教えてもらう

家庭教師は「週1〜2回の授業」でお考えではないでしょうか?

その場合、1週間のほとんどが「授業がない日」ですよね。

「家庭教師の授業時間」よりも「自習時間」の方が圧倒的に多いんです。

授業だけ勉強していても成績は上がらないんです。

だから、「自習でどうやって勉強すればいいか」を教えてもらう必要があります。

「宿題はどうやって勉強すればいいですか?」

など、勉強法について聞いてみて、しっかりと教えてくれるような先生を選びたいです。

 

選び方5.お子様がやる気になる先生を選ぶ

決定打は「お子様がやる気になれるか」です。

すでに説明しましたが、家庭教師の授業時間よりも、自習時間のほうが多いです。

だから、自発的に自習or宿題をしないと成績は上がりません。

そのためにはお子様自身のやる気が不可欠です。

「勉強しなさい!」と言っても、なかなかやる気は出してくれませんよね。

生徒のやる気を出すにもノウハウや相性があります。

「お子様がやる気になれるか」はとても大切なポイントです。

 

おすすめ家庭教師サイト

必ず体験授業をするとしても、せっかくなら、いい家庭教師がそろったサイトで探したいですよね。

そこで、いい家庭教師を選んでいるおすすめの家庭教師サイトをピックアップしてみました。

1.家庭教師のラビット

「勉強法を伝えること」をコンセプトにしている家庭教師センターです。

無料でカウンセリングを受けられるので、お子様にあった勉強法を聞いてみてはいかがでしょうか。

2.家庭教師のノーバス

関東専門ですが、【第一志望校合格率95%以上】という高い実績を誇る、信頼できる教師が多いサイトです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)