映像授業のデメリット!「最悪の勉強法」になりうる5つの理由

f:id:jdaaabc:20161208005509j:plain

こんにちは、NAOです。私がこれまでに担当した生徒の中には、「(入塾前まで)映像授業を利用していたけど、成績が上がらなかった」という人が何人かいました。数多くのメリットがある映像授業でも人によって成果が出ない「最悪の勉強法」になってしまうのです。

映像授業そのものは素晴らしい

はじめに断っておきたいのですが、映像授業そのものは素晴らしいです。

毎年数多くの人が映像授業で成果を上げています。身近な例としても、私の弟が某映像授業塾出身で、無事旧帝大に合格しました。(弟がお世話になりました。ありがとうございました。)

しかし、どんなに素晴らしい学習スタイルであっても、合わない人はいます。これは当たり前であり、仕方がないことです。

  1. どんなメリットがあって、どんなデメリットがあるのかを把握する
  2. 自分のスタイルに合うのかを考える

大切なのは、上記2点を意識して自分に合った学習スタイルを選択することです。その参考として、この記事ではデメリットになりうる5つの理由を紹介します。

※メリットについてはこちらをご覧ください。

 

デメリット1:復習は自己責任

これが一番気を付けるべきポイントです。

めちゃくちゃわかりやすい授業で「理解」できたとしても、復習して「定着」をさせなければテストで得点することができません。「定着」させなければ、どれだけ映像授業を見ても成績は上がりません。やってもやっても成績が上がらないという「最悪の勉強」です。

個別塾のようには手取り足取り復習をしてくれないため、「定着」まで持っていくことは自己責任になります。

自分でしっかりと復習をするのは意外と難しいことです。

「授業を受けたらわかったつもりになってしまう」、「問題集をやりっぱなしにしてしまう」というタイプの人は注意してください。

 

デメリット2:学習成果のチェックは自己責任

映像授業では生徒の苦手分野をダイレクトに指摘することができません。したがって、どこが苦手で、どこが覚えられていないかを自分でチェックする必要があります。

適切なタイミングに模試を受験し、自分で分析することが大切です。

模試の分析が苦手な人は注意してください。

 

デメリット3:授業中に寝ても怒られない

映像授業では、集中していなくても(たとえ寝ていても)先生から怒られることがありません。

集中できていないと勉強効果は上がりません。

「怒られないからいいか」と自分を甘やかしそうだと思う人は注意してください。

 

デメリット4:スケジュールは自己責任

映像授業は「どこでも」「いつでも」見ることができるのがメリットだと思います。その反面、ついサボってしまって学習進度が遅れる可能性があります。

スケジュール管理が苦手な人は注意してください。

 

デメリット5:授業してくれた先生に直接質問できない

これは映像授業だからこそのデメリットです。超多忙の人気講師の授業が受けられるというメリットでもありますが。授業をしてくれた先生と直接対話できないのは私なら少し寂しい気もしますね。

勉強でわからないことを質問できないのは困るので、授業をしてくれる先生以外にも「質問サポート」の先生はいるのかどうか、入塾案内でしっかりチェックすることをオススメします。

 

まとめ

キーワードは「自己責任」です。映像授業は自己管理能力が高い人にとっては最高の勉強法です。

しかし、自己管理が苦手な人は映像授業を上手に利用できません。自己管理が苦手な人には、自分をコーチングしてくれるタイプの個別指導塾が成果を上げやすいかと思います。

塾選びの際は、それぞれの塾のタイプのメリットとデメリットを把握して、自分にはどちらが合うかしっかり考えることをおすすめします。

スポンサードリンク

【お知らせ】私の勉強ノウハウが書籍化されました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です