MENU

大学受験に失敗した人が後悔するたった1つのことを元塾講師が教えます

The following two tabs change content below.

NAO

塾講師として多くの生徒の成績をアップした勉強ノウハウを解説するブログ「スタハピ」の運営者。 阪大&阪大院卒、塾講師歴5年、家庭教師歴6年、商社を経て、IT企業で勤務中。 ▶詳細プロフィール

あなたは大学受験で成功したいですか?

成功したい人は、失敗した人の反省を知っておくのもいい勉強になります。

失敗して、本当に後悔したことを、あなたはやらないようにすれば成功確率はグンと高まります。

大学受験で合格を逃してしまった人はいったい何が足りなかったのか。

浪人経験のある私自身の経験も踏まえて紹介したいと思います。

 

目次

後悔することはたった1つ

不合格になってしまった時に思うことはただ1つです。

それは「もっと復習しておけばよかった」ということです。

それなりに頑張った受験生なら、受験範囲が終わっていないということはありません。

しかし、完全には覚えられていないから、試験で点がとれないのです。

受験勉強をしている時はいろんなことを心配してしまいます。

  • この問題集で大丈夫だろうか
  • どんな塾に行けばいいんだろうか

しかし、これらのことは意外と後悔しません。「この問題集だから合格する」とか「この塾だから合格する」とか、そういう問題ではないからです。

受験勉強で最も大切なことは

  • 勉強したことをきちんと覚えられたか

ということです。

「やったことがテストでできる」ということが一番大切なんです。

だから、問題集を解いた時は「1か月後もできるか」を常に考えましょう。

できないと思ってしまうのであれば、確実に復習不足です。今すぐ解き直してください。

復習不足のまま勉強を続けると後悔する結果になりかねません。

 

復習不足にしないためのコツ

復習不足にしないためには次の3つを意識しておきましょう。

1.解いてすぐに「あと5回」解く

これが一番手っ取り早いですね。

覚えているうちに繰り返すことが知識定着のために最もよい方法です。

 

2.週に1回、「復習の日」を作る

「忘れた頃に復習しよう」と思っていても、そもそも「復習しよう」と思っていたことすら忘れてしまうものです。

それならば、復習することを習慣化させればいいんです。週に1回「復習の日」を作ります。

例えば、「日曜日は今週間違えた問題を解き直すだけの日」といった感じです。

 

3.月に1回、模試や過去問で実力をチェックする

長期的な勉強では「自分がどこを忘れているのか」をなかなか把握できません。

そのために模試や過去問を利用します。

模試や過去問は大切なところがまんべんなく出題されるため、「間違えたところが忘れている単元」とカンタンに判断できます。

単元さえ把握できれば、もう一度問題集でトレーニングすることができます。

 

まとめ

試験で得点するには「理解」したことを復習して「定着」させなければいけません。

やっかいなのは「理解」の方が楽しいということです。

参考書を読んで、わからないことがわかるのは勉強している気分になれます。

だから、コツコツと地味なイメージがある復習を後回しにしてしまいます。

勉強で大切なのは、「定着」です。大切なのは、参考書より、復習です。

「やりすぎかな?」と思うくらい復習してちょうどよいですよ。

あなたの合格を祈っています。

【追伸】間違った勉強法ではどれだけやっても結果が出ません!

 

子どもの成績が全然上がらない…

 

がんばっているのに全然できるようにならない…

NAO

やり方が間違っているだけです!

勉強ができないのは頭が悪いわけでも、才能がないわけでもありません。

間違った勉強法」で勉強をしてしまってるだけです。

実際に私も正しい勉強法に変えるだけで、たった半年でE判定からA判定になり、大阪大学に合格することができました。

その勉強法を教えた生徒たちも、諦めかけていた高い目標を面白いほど達成してくれました。

「正しい勉強法」でやれば、短期間で結果を出すなんて簡単なんです。

だから、その「正しい勉強法」を体系的に紹介するために、無料のLINE講座を作りました!

公式LINEで限定記事を7日間毎日お送りしますので、順番に読むだけで正しい勉強法を学ぶことができます。

NAO

すでに1,000人以上の方に参加頂いています!保護者様にもご本人にも役立つ内容ですので、ぜひ参考にしていただけると嬉しいです!

>>LINE講座についての詳細はこちら

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる