何回言っても宿題をやらない子どもへの対処法【「なんでもいいからやりなさい」はNG】

この記事を書いた人
NAO

家庭学習法アドバイザー。独自の勉強法を教えた生徒たちは【たった1ヶ月で定期テスト20→70点】、【わずか3ヶ月でE判定だった志望校へ合格】など、劇的な成績アップを達成。「勉強方法に悩む子どもや保護者さまを一人でも多くなくしたい」という目標のために、才能に頼らず自宅で今すぐに成果を出せる「正しい勉強法」を発信中。

【お知らせ】無料LINEマガジン配信中!

「定期テストで200点以上アップ」などの圧倒的な成績アップ方法の秘密無料のLINEマガジンで公開しました!

\ 成績アップ診断シートも無料配布中! /

 

子どもが宿題をやらない…

NAO

こんな悩みにお答えします!

「宿題をやりなさい」と何度言っても、なかなか宿題をやらないお子様に悩んでいる保護者様はとても多いです。

実はお子様に宿題をやってもらうにはコツがあります。

これまで数多くのご家庭での成績アップをサポートしてきた経験から、宿題をやらないお子様へ宿題をやってもらえるようにするコツを紹介します。

目次

「宿題をやりなさい」は今の子どもたちには逆効果

実は、宿題をやらない子への対処法は時代によって変わっています。

昔だったら

宿題なんだからやりなさい!

と叱るのがベストでした。この叱り方でも当時の子どもたちはやってくれるからです。

でも、実は今の時代の子どもたちには

宿題なんだからやりなさい!

やらなきゃいけないんだからやりなさい!

といったアプローチは逆効果なんです。

昔は「やりなさい」でOKだった

昔は

高学歴になって、大企業に勤めて、定年までずっと働く

という人生プランが王道の成功ルートでした。

そのため、

  • 先生に言われたとおりにきちんと勉強をやる
  • 上司に言われたとおりにきちんと仕事をする

というように、

言われたことをきちんとやれるスキル

が、人生の幸せにわかりやすく直結していました。

そのため、

やらなきゃいけないんだから、やりなさい!

が説得力が高く、やることができていたんです。

今の子どもたちは宿題をやる「意味」を求めている

でも、今は時代の変化があります。

終身雇用の時代も終わった

と言われており、

  • Youutber
  • ドローンパイロット
  • AIエンジニア
  • VRクリエイター

などなど、昔は名前すらなかったような新しい職業が生まれていっている時代です。

そして、今の子どもたちはYouutbeやSNSでこれらの情報を知っています。インターネットを通していろんな人の意見に触れる機会が多くなっているんです。

だから、今の子どもたちは

本当に学校の勉強って大切なのか?

高学歴って本当に必要なのか?

これをやることで本当に自分の幸せにつながるのか?

と、疑問を持ちやすくなっているんです。

そこに、

いいからやりなさい!

頭ごなしに叱ってしまうと、逆効果になってしまうんです。

宿題の意味を教えてあげることが大切

今の時代の子どもたちに宿題をやってもらうためには

  • なぜ宿題が大切なのか?
  • 宿題をやらなかったら将来どうなってしまうのか?

といった「なぜ大事なのか」という意味もついて話し合うアプローチが効果的です。

一見、「昔に比べて手がかかる」と思ってしまいがちですが、これは悪いことばかりではないんですよね。

今の子どもたちがいろんな意見に触れて

なぜ大事なんだろう?

疑問を持てることは素晴らしいことです。お子様が将来社会人になった時に、絶対に必要なスキルになっているはずです。

意味を考えて行動できる人が幸せになれる

このまま終身雇用の時代がどんどん終わっていき、「企業で上司に言われたことをやればOK」という時代はどんどん変わっていくはずです。

つまり、これからの将来はやるべき仕事を誰も指示してくれなくなっていきます。

そんな中で、幸せに生きていくためには

  • 自分自身は今どうやって生きるべきなのか?
  • どういう価値を社会へ与えれば意味があるのか?
  • どうやって働いていくのが価値があるのか?

と、生きる意味に向き合う姿勢が大切です。逆にそれが考えられない人はかなり危ういです。

宿題の意味がわかれば、今の子どもたちは努力できる

 

宿題なんて意味ない

 

学校の勉強なんてやりたくない

と言ってしまうことは、実は将来幸せになるべき「頭のいい子」なんです。「そもそも本当に大切なのか?」と物事に疑問を持つ資質があります。

もちろん学校の勉強は将来役に立ちます。

宿題もやったほうがいいです。

これらの大切さは私たち大人は知っていることだと思います。

だからこそ、お子様が「宿題をやる意味」をわかっておらず、宿題をやらないのであれば、きちんと話し合うことが効果的です。

  • なぜ宿題が大切なのか
  • なぜ勉強しなければならないのか

この「意味」をきちんと腹落ちして理解することができれば、今の子どもたちは劇的に変化してがんばってくれるようになります。

ぜひお子様と宿題の重要性について話し合っていただけると嬉しいです。

【無料LINEマガジン】「子どもの成績を短期間で劇的に上げられる秘密」を限定公開!

 

がんばってるのに、子どもの成績が全然あがらない…

NAO

「間違った勉強法」が原因です!

お子様の成績が上がらないのは頭が悪いわけでも、才能がないわけでもありません。

間違った勉強法」で勉強をしてしまってるだけです。

「正しい勉強法」に変えることができれば、次のような圧倒的な成績アップも可能になります。

  • E判定からたった3ヶ月で志望校に合格
  • テスト1週間前から始めて1教科で30点以上の点数アップ
  • 前回テストから5教科でいきなり200点以上アップ

実は、この「正しい勉強法」は塾に行かなくても、自宅で今すぐ真似していただける簡単な方法です。

だから、お子様の成績を上げたいと願う保護者さまにこの方法を体系的にご紹介したく、無料のLINEマガジンを作りました。

LINEで上記の圧倒的な成績アップの秘訣を体系的に解説した全7回の限定記事無料でお送りします!

今LINEへ友だち登録頂いた方には

  • お子様の成績アップの「伸びしろ」が1分でわかる!オリジナル診断シート

無料プレゼント中です!

どれくらい劇的に成績アップができるのか、ぜひチェックしてみてください!

NAO

「正しい勉強法」をご家庭で、ぜひ実践いただけると嬉しいです!

目次