【思考力トレーニング】今すぐできる!頭が良くなる5つの方法

頭がいい人ってスゴいですよね。

頭がよければ勉強もできるし、仕事もできるし、とてもステキです。

どうしたら思考力をつけて、頭を良くすることができるのか?

そうお思いのあなたに「今すぐできる思考力トレーニング」を5つ紹介します。

 

読んだ本やドラマの内容を要約してみる

1つ目は読んだ本を要約することです。

頭のいい人は「難しい内容の話をわかりやすく説明すること」が得意ですよね。

要約トレーニングは内容をわかりやすくまとめるトレーニングになります。

内容をまとめることが目的なので、「難しい本」でなくてもOKです。マンガやドラマでもいいですよ。

例えば

  • 「走れメロス」ってどんな話?
  • 「ONE PIECE」ってどんな話?
  • 「逃げるは恥だが役に立つ」ってどんな話?

これを1分くらいで説明するなら、どんなふうに言うか考えてみてください。

頭のいい人のような「わかりやすい話」ができるようになります。

 

なぜ?を考える

2つ目はなぜ?を考えることです。

「なんで?」と聞かれて「さあ?わかんない」では頭がいい人ではありません。

自分なりの意見を見つけ出せる人が頭がいい人です。

世の中には「正解」がないことがたくさんあります。「正解っぽい意見」があるだけです。

ラーメン屋はなぜ行列ができるの?

この看板はなぜ赤いの?

自分なりの意見を持てるように、「なぜ?」を考える癖を付けておきましょう。

 

流れを図解してみる

3つ目は流れを図解することです。

頭のいい人は「流れを図解すること」が得意です。

例えば、「受験勉強に合格するまでのスケジュール」

頭が悪い人は、

  • なんとなくがんばる→受験当日

と考えますが、頭のいい人は、

  • 基礎理解→基礎定着→応用理解→応用定着→過去問チェック→苦手克服→過去問チェック→受験当日

と流れを細部まで分解して考えます。

頭がいい人は「なんとなく進んでいく」を「細かいイメージ通りに進める」にしています。

 

「もし」を考える

4つ目は「もし」を考えることです。

  • もし、失敗したらどう対処するか?
  • もし、想像と違ったらどう対処するか?
  • もし、スマホがなかったらどんな生活をしているか?
  • もし、今の学校や会社じゃなければどんなことをしているか?
  • もし、1億円あったら何に使うか?

ありえない状況を頭の中で作り出すことで、「疑似体験」ができ、思考の経験値が蓄積していきます。

 

 

考えたことを紙に書き出す

5つ目は考えたことを紙に書き出すことです。

上記で紹介したテーマを紙に書いてみてください。

思いついたことをテキトーでもいいので紙に書くことで、思考が視覚化し、考えやすくなります。

また、図解や要約などは少しずつ紙に書いた方が、やりやすいです。

頭で思ったことを紙に書き出して考えるトレーニングをしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)