中学生は進研ゼミとスマイルゼミどっちを選ぶべき?おすすめできる人の特徴をそれぞれ解説します【メリット&デメリットも比較】

進研ゼミとスマイルゼミはどっちを選ぶべき?
NAO
こんな悩みにお答えします!

中学生で通信教育を選ぶ際に必ず候補に挙がるのが、進研ゼミスマイルゼミです。

しかし、両方とも人気のタブレット教材なので、中学生には進研ゼミとスマイルゼミのどちらがいいのか、悩んでしまいますよね。

そこで、個別指導塾や家庭教師として多くの中学生の成績を上げてきた経験から、「どちらの教材が中学生にはおすすめなのか」徹底比較しました!

結論、どちらもおすすめできる教材ですが、「どんな人が選ぶべきなのか」の違いがありますので、詳しく紹介します!

 

進研ゼミとスマイルゼミを徹底比較!違いは「学習スタイル」です!

NAO
進研ゼミとスマイルゼミを比較します!
教材進研ゼミスマイルゼミ
料金5,871円~/月5,980円~/月
教科9教科全対応9教科全対応
日常学習
定期テスト対策
高校受験対策
問題量
学習スタイルタブレット+問題集、「赤ペン先生」による添削サービスタブレットのみ

一番の違いは学習スタイルです。

進研ゼミでは、タブレット学習と合わせて、紙の問題集や添削サービスが用意されており、多種多様な学習ができるようになっています。

一方、スマイルゼミは、タブレットだけで完結できる学習カリキュラムに沿って勉強を進めていきます。

NAO
この学習スタイルの違いを詳しく見ていきます!

 

進研ゼミの特徴、メリット・デメリット

進研ゼミハイブリッドスタイルタブレット
NAO
まずは進研ゼミの特徴から解説します!
進研ゼミのメリット
  • 紙の問題集で勉強できる
  • 赤ペン先生が気づけないミスまで見つけてくれる

進研ゼミの特徴は

  • 紙の問題集があること
  • 赤ペン先生による添削サービス

です。

実際のテストは紙なので、紙の教材で勉強できることはテストの模擬トレーニングとしてとても効果的です。

また、赤ペン先生による添削では、「自分が気づいていなかったミス」に気づくことができます。

そのため、進研ゼミは成績アップに必要な要素がギュッと詰まっています。

進研ゼミのデメリット
  • 勉強嫌いの子にとっては継続が難しい

進研ゼミのデメリットとして、勉強嫌いの子にとっては継続が難しいことです。

進研ゼミではタブレットと紙の問題集、そして赤ペン先生への提出教材と勉強すべき教材が複数あります。

そのため、生徒自身や保護者さまでの計画的な学習が必要になります。

勉強嫌いな子や、明確な目標がない中学生にとっては、進研ゼミを続けるのは難しい可能性があります。

進研ゼミによる学習習慣のイメージ

進研ゼミのメリット&デメリットは何?「どんな中学生なら使うべきか」まで徹底解剖します!

2019年6月17日

 

進研ゼミがおすすめできる生徒の特徴!

進研ゼミによる学習習慣のイメージ
NAO
進研ゼミが合うのはこんな生徒です!
進研ゼミがおすすめできる生徒の特徴
  • 確実に実力をアップさせたい人
  • 明確な目標がある人
  • 「塾なし」での最高の問題集を探している人
  • 宿題がきちんとできる人

進研ゼミは「実力を確実に上げたい!」と考えている中学生に特におすすめです。

タブレット学習でわかりやすく勉強できるだけでなく、テストに向けて紙の問題集でさらに練習することができるため、より確実なテスト対策が可能になります。

また、教材中心の勉強では自分で答え合わせをするスタイルになるため、

間違いだと気づいていなかった・・・

と、勉強したのにテストで間違ってしまうことがよくあります。

しかし、進研ゼミなら赤ペン先生が添削してくれるため、その点も安心です。

NAO
進研ゼミは「目標達成のための最高の教材」を探す中学生にピッタリです!

 

スマイルゼミの特徴、メリット・デメリット

スマイルゼミ
NAO
ここからはスマイルゼミの解説です!
スマイルゼミのメリット
  • 勉強を終わらせるとできるようになる
  • 「ゲーム機能」でやる気が出る

スマイルゼミは勉強内容が全て「タブレットのみ」で完結できることが特徴です。

勉強内容はタブレットが自動で配信してくれるため、「何を勉強すればいいかわからない」という悩みがほぼ不要になります。

また、ゲーム機能など、勉強嫌いな子でも安心して取り組める工夫がされていることが特徴です。

スマイルゼミのデメリット
  • 紙の問題を解くトレーニングができない
  • 添削サービスがない

スマイルゼミのデメリットは、「紙の問題集」と「添削サービス」がないことです。

国語の読解問題や英語の長文問題、数学の発展的な問題などは紙にメモを取りながら解くスタイルが一般的です。

そういった応用的な問題のトレーニングができないことがデメリットとなります。スマイルゼミで学習する場合は、別途紙の問題集などで補充演習をすることがおすすめです。

また、進研ゼミのような添削サービスがないため、記述問題や証明問題などのトレーニングはややし辛いかもしれません。

NAO
スマイルゼミは勉強嫌いな中学生のニガテ克服におすすめです!

 

スマイルゼミがおすすめできる生徒の特徴!

中学生の家庭学習おすすめ教材スマイルゼミ
NAO
スマイルゼミが合うのはこんな生徒です!
スマイルゼミがおすすめできる生徒の特徴
  • どちらかというと勉強は嫌い
  • 複数の教材の管理が苦手
  • 勉強の苦手意識をなくしたい

スマイルゼミは「勉強嫌いの中学生」におすすめの教材です。

タブレットで全ての学習が完結できるので、教材の管理の必要がありません。

また、スマイルゼミのタブレット学習はゲーム性を取り入れて、勉強嫌いな子でも続けやすい工夫が取り入れられています。

「勉強嫌いを克服したい!」というご家庭なら、スマイルゼミを検討してみてはいかがでしょうか。

 

進研ゼミとスマイルゼミの比較まとめ

進研ゼミかスマイルゼミかを選ぶ際には、「紙の問題集」と「添削サービス」の有無が大きなポイントになります。

  • 確実に実力をアップさせたい
  • 明確な目標がある
  • 「塾なし」での最高の問題集を探している

と考えている中学生には、進研ゼミがおすすめです。

紙の問題集でテストの模擬トレーニングができ、添削サービスで自分の気づかないミスまで気づくことができます。

進研ゼミでは無料体験セットが用意されているので、まずは体験してみて判断するのもおすすめです。

一方で、

  • どちらかというと勉強は嫌い
  • 複数の教材の管理が苦手
  • 勉強の苦手意識をなくしたい

と思っている中学生にはタブレット学習のみで完結できるスマイルゼミがおすすめです。

ゲーム性も取り入れられているので、勉強に苦手意識がある生徒でもしっかり継続することができます。

NAO
どちらもおすすめできる質の高い教材ですので、お子様に合いそうな方の教材を選んでください!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)