【英語長文】コロン、セミコロン、ダッシュを簡単に訳す裏技を紹介する

英語長文の中にたまに現れてくる「;」「:」「―」って正直訳すのに困りませんか。

実は裏技があります。

 

文法用語が難しいだけ

文法書などで調べてみると以下のような説明になっていることが多いです。

  • コロンの役割は「詳述」「引用」「例示」「同格」などを表す
  • セミコロンはコロンよりも要素同士を強く分離させる。そのため、「順接」や「逆説」の意味を含むこともある。
  • ダッシュは「説明」「例示」などを表す

うん、わかんない。ああ、英語難しい。英語わけがわかんない。もう英語嫌い。

・・・とはならないでください!!

 

文法用語でなく、訳すのが目的

そもそも文法用語を覚えたいのでしたっけ。違いますよね。とにかく訳したいだけだったはずです。

私たちのような英語の一般ユーザーはとりあえず英文の意味がわかればOKなんです。研究者ではないんです。小難しい文法は後回しにしましょう。受験生でも、意味をとる程度なら文法用語はいりません。

 

裏技「カッコにしてしまう」

コロンやセミコロン、ダッシュは日本語で使用している「カッコ」=「( )」だと思えばOKです。意味は十分にとれます。

(例)コロンの「詳述」

This is the way of printing : connect your computer to the printer and press Enter key.

忌まわしきコロンの登場でしょうか。いいえ、幻です。これはカッコです。

This is the way of printing (connect your computer to the printer and press Enter key).

これで訳してみましょう。

「これが印刷する方法です(コンピュータをプリンターにつないでエンターキーを押しなさい)」

どうですか。十分意味はとれますよね。

几帳面にも訳してみます。「詳述」なので、コロンを「つまり」で訳します。

「これが印刷する方法です。つまり、コンピュータをプリンターにつないでエンターキーを押しなさい。」

そんなに変わらないですね。「コロン」を「カッコ」と考えていて問題なさそうです。

もう一例見てみます。

 

(例)ダッシュの「説明」

His new car—he bought it yesterday—costed 10 million yen.

忌まわしきダッシュの登場です。大丈夫、これはカッコです。

His new car (he bought it yesterday) costed 10 million yen.

訳しましょう。

「彼の新車(彼はそれを昨日買いました)は1000万円だった。」

これを几帳面に訳すとダッシュの「説明」なので、後ろから修飾してこんな感じでしょうか。

「彼が昨日買った車は1000万円だった。」

これもカッコで考えるのとあまり変わらないですよね。

「;」「:」「―」を何と訳すかを考えずに、(カッコ)と同じようにその場の流れで考えてみてください。

難しく考えると英語が嫌いになってしまいます。

 

まとめ

英文中で「;」「:」「―」が出てきてパニックになってしまう人はとりあえず(カッコ)に置きなおしてみてください。劇的にわかりやすくなります。

私は受験生時代この考え方で英語嫌いを治すことができました。

こいつら(「;」「:」「―」)のせいで英語長文が嫌いになりそうな人はぜひ試してみてください。

NAO
雰囲気で訳せればOKと考えるのが英語嫌いを克服するコツです。

【E判定からでも合格できる!】非常識な大学受験勉強法を元塾講師が教えるよ

2018.05.20

勉強が劇的にできるようになる7つのコツを教えるよ

2018.04.21

塾講師が見つけた「勉強のやる気を出す方法」はコレだ!やる気を出すための「3段階思考法」を教えるよ

2018.01.13

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です