テストの点数が悪い5つの原因!何が悪かったのかわからない人がまずやるべき勉強法も紹介します!

The following two tabs change content below.

NAO

塾講師として多くの生徒の成績をアップした勉強ノウハウを解説するブログ「スタハピ」の運営者。 阪大&阪大院卒、塾講師歴5年、家庭教師歴6年、商社を経て、IT企業で勤務中。 ▶詳細プロフィール
 

テストの点数が悪かったけど、原因がわからない…

NAO

こんな悩みにお答えします!

「テストの点数が悪かったけど、何が悪かったのか原因がわからない」

こんなふうに悩んでいる人はとても多いです。

でも、テストの点数が悪いのは「勉強のやり方が間違っているだけ」です。原因を見つけて、しっかりトレーニングすれば、必ず成績は上がっていきます。

ストの点数が悪い人によくある5つの原因と、今すぐやるべき勉強法を詳しく紹介します!

目次

テストの点数が悪い5つの原因

NAO

テストの点数が悪いよくある原因は次の5つです!

テストの点数が悪い5つの原因
  1. 勉強時間が足りていない
  2. 問題を解いていない
  3. 問題集の解き直しをしていない
  4. 授業内容が理解できていない
  5. テスト当日に忘れてしまっている

順に詳しく解説します!

1.勉強時間が足りていない

勉強時間のイメージ

1つ目の原因は「勉強時間が足りていないこと」です。

そもそも最低限の勉強時間が足りていない場合は、どんなに勉強法を正しても点数は悪くなってしまいます。

勉強できる人ほど「全然勉強してないよー」と言うので、勉強量の大切さがわかりづらいのですが、できる人は謙遜しているだけです。

テストの点数が80点以上取れている人は、最低でも1週間前にはテスト勉強を本格的にやっています。もし、そうでなくても、それは普段から塾でかなり勉強している人たちです。

「テスト勉強を1週間前になってもテスト対策を始めていない人」は最低限の勉強時間が足りていません。頭が悪いのではなく、トレーニング量の不足です。

まずは次回のテストは1週間以上前から勉強してみてください。そうすれば、今の点数よりも断然良い点が取れるようになります。

2.問題を解いていない

問題を解いていない人のイメージ

2つ目の原因は「問題を解いていないこと」です。

要注意なのが、ノートまとめをしたり、教科書を読んでいるだけの人です。そういった勉強法の問題は「覚えにくいこと」です。

テストで点数を取るためには、テストに出題されている問題が「解ける」ことが大切です。

間違っている人は「なんだっけ?」と忘れていて解けないことがほとんどです。

問題を解く時に「きちんと思い出せるか」をチェックできるトレーニングが足りていません。

覚えが悪いのではなく、覚えにくい勉強法でやってしまっています。

これまで問題集を解いていなかった場合は、次回から問題集を解くようにしてみてください。それだけでも、テストの点数がグッと上がっていきます。

3.問題集の解き直しをしていない

問題の解き直しをしていない人のイメージ

4つ目の原因は「問題集の解き直しをしていないこと」です。

問題集を解くと「テスト中にきちんと思い出せるか」のトレーニングになります。

問題集でできるようになった問題はテストでもできる可能性が高いです。

ただ、問題集を解いている時にできなかった問題は、テスト中も当然できません。

勉強しているのにテストの点数が上がらない人は、この「解き直し」をやっていないことが多いです。

解き直しをしないと、できなかった問題はできるようになりません。

できなかった問題がテスト当日にはできるようになるように、間違えた問題を解き直してできるようにしておくトレーニングが大切です。

解き直しをするようにすれば、80点の壁を突破できるようになっていきます。

4.授業内容が理解できていない

学校の授業についていけていない人のイメージ

4つ目の原因は「授業内容が理解できていないこと」です。

問題を解いたり、間違えた問題を解き直してできるようにするためには、勉強内容が理解できている必要があります。

だから、学校の授業内容がきちんと理解できているかどうかで、スタートに差がついていきます。

勉強は積み上げ式です。

九九がわからない人に二桁のかけ算がわからないように、以前の勉強内容がわからなければ、今の勉強内容はどんどん難しくなっていってしまいます。

わからないのは「頭が悪いから」ではなく、「以前の勉強内容がきちんと見についていないから」なんです。

学校の授業がわからない場合は、前の単元も含めて復習をしておくことが大切です。

5.テスト当日に忘れてしまっている

忘れてしまった人のイメージ

5つ目の原因は「テスト当日に忘れてしまっていること」です。

これは、普段からきちんと勉強しているのになぜか点数が悪い人にありがちな原因です。

テストの点数はテスト当日にできた問題の量で決まります。

だから、極端に言えば、授業で習った日は100%完璧にできていても、テスト当日に全部忘れてしまっていたら0点になってしまいます。

「授業ではできていたのになんで間違えたんだろう…」

という悩んだことがある場合は、テスト3日前からの問題演習を強化しましょう。

前にできていた問題をテスト当日にもできるように改めて思い出すことで、実力を100%発揮することができます。

テストの点数が悪かった人がまずやるべき勉強法

 

テストの点数が悪い原因にあてはまっていた…

NAO

勉強法を正せばOKです!

テストの点数が悪い原因にあてはまっていた人も大丈夫です。これらの原因は正せばOKです。

まずは次の3ステップの勉強法から始めてみてください!

ステップ1:勉強スケジュールを立てる

勉強スケジュールのイメージ

1つ目のステップは「勉強スケジュールを立てること」です。

何はともあれ「勉強時間」を確保しましょう。

効果的な勉強法を知っていても、やらなければ効果は出ません。

まずは今の勉強時間に頑張ってプラスしましょう。

普段は週に3時間、テスト2週間前からは毎日1時間をプラスできないかを考えてみてください。

具体的な勉強スケジュールの立て方は次の記事で詳しく解説していますので、参考にしてみてください!

ステップ2:テストで間違えた問題の分析

テスト分析のイメージ

2つ目のステップは「テストで間違えた問題の分析をすること」です。

勉強時間は確保できたら、具体的な勉強内容に入っていきます。

まずやるべきは「テストの分析」です。

「テストの点数が悪かった」と言っても原因は様々でしたよね。

だから、それぞれ間違えた問題が「どの原因で間違えたのか」をきちんと明確にしていきましょう。

「わかっていたのに覚えていなかった」なら問題を解けばOKです。
「テスト勉強でも間違えていた」なら問題の解き直しをするようにしましょう。
「そもそも理解できていない」なら学校の授業の復習から必要です。

これからやるべき勉強内容が上記のどれなのか、自分にあった勉強内容をきちんと分析しましょう。

「なぜできなかったのか?」をしっかり分析をしておくことで、今後の勉強をより効率的に進めることができます。

ステップ3:分析した原因をひたすらトレーニングする

勉強をすらすらしている人のイメージ

最後のステップは「分析した原因をひたすらトレーニングすること」です。

できなかった原因がわかったら、あとはひたすらやるのみです。

やるべき勉強内容がわかれば、あとは勉強量を積んでいくだけで実力はぐんぐんアップしていきます。

勉強はやれば絶対にできます。でも、逆に言えば、やらなければ絶対にできません。

正しい方法で努力すれば、成績は面白いほど上がっていきます。

「やるべき内容をやりきること」を徹底的にがんばってください!

 

でも、具体的に何をやればいいかやっぱりわからない

という人は次の記事も参考にしてみてください。定期テストの勉強法についてより具体的に解説しています。

【追伸】テストの点数を劇的にアップさせる「一番効果的な方法」とは?

 

子どもの成績が全然上がらない…

NAO

「正しい勉強法」に変えるだけでOKです!

勉強ができないのは頭が悪いわけでも、才能がないわけでもありません。

間違った勉強法」で勉強をしてしまってるだけです。

「正しい勉強法」を知っていれば、成績アップなんて簡単なんです。

実際に私が「正しい勉強法」を教えた生徒たちは、勉強法を変えただけで「次の定期テストで1教科30点アップ」、「E判定から3ヶ月で志望校に合格」など、面白いほど成績を上げてくれました。

だから、多くの人に勉強法をきちんとお伝えしたくて、正しい勉強法についての無料LINEマガジンを作りました!

公式LINEで「正しい勉強法」を解説した限定記事を7日間毎日お送りしますので、読むだけでお子様の成績アップの方法を知ることができます!

いま登録頂いた方には「成績アップの伸びしろがわかるオリジナル診断シート」無料プレゼント中です!
勉強法を変えるだけでどれくらい成績アップできるのか、ぜひチェックしてみてください!

お子様の成績アップにお悩みの保護者様はもちろん、ご本人での参加もOKですので、下のボタンから気軽にご登録ください!

NAO

既に2,000人以上の方に参加頂いています!成績アップのためにぜひ活用していただけると嬉しいです!

▼読者のみなさまのお声▼

目次
閉じる