勉強のできる子の共通点とは?家庭での習慣の違いが勉強力を磨きます

勉強ができる子はどんな共通点があるの?
NAO
こんな疑問にお答えします!

勉強ができる子にはどんな子がなりやすいのか。気になる保護者さまも多いのではないでしょうか。

塾講師として多くの生徒と接してきた中で、勉強ができる子には共通点があることを見つけました。

勉強ができる子の7つの特徴を紹介します。

 

勉強のできる子の共通点1.クイズが好き

勉強ができる子の1つ目の特徴は「クイズが好き」ということです。勉強ができる子はなぞなぞやクイズ番組などを好む傾向にあります。

スポーツが身体のトレーニングなら、勉強は頭のトレーニングです。だから、普段から頭を使うことが好きな人は成績が上がりやすいんです

「もう嫌だ!」と投げ出さずに、考え続けることが習慣になっているので、勉強ができるようになるのは当たり前ですよね。

勉強ができる子に育てるためには勉強ばかりでなく、クイズ番組を一緒に楽しんだり、将棋やオセロなど「知的体力」が必要な遊びをすると、考え続ける習慣がついて勉強が得意になります。

 

勉強のできる子の共通点2.いつでもポジティブ

勉強ができる子の2つ目の特徴は「いつでもポジティブ」ということです。仕事ができる人の特徴とも似てますね。

頑張ったのにテストでミスを連発して点数が悪かったということや、前にできた問題を忘れていて解けなかったという失敗は誰にでもあります。そんな時に「どうせ自分はだめだ」とクヨクヨして勉強しないでいても、いい結果にはなりませんよね。

「次こそはがんばるぞ!」「忘れたら覚えなおせばいい!」とポジティブに考えられる人が成績が上がります。

三者面談などで生徒とも保護者さまともお話させていただくことが多いですが、この考え方は保護者さまの普段の接し方も関係していると感じます。

「テストの点数が悪い!!」と結果に対して怒られる子は、勉強に対してネガティブになりがちです。

一方で、「今回のテストは残念だったけど、反省して次がんばろう!」と言われている子は、結果よりも「次の目標」に向けて努力してくれる傾向があります。

勉強に対してポジティブな子にするためにも、「もう変えることができない結果」ではなく「これから努力できるプロセス」を重視して叱ってあげてください。

 

勉強のできる子の共通点3.明確な目標がある

勉強ができる子の3つ目の特徴は「明確な目標がある」ということです。

なんとなく頑張っている人よりも、目標があって頑張っている人の方が結果が出ます。スポーツでもダイエットでも仕事でも当てはまりますよね。

目標があるということは主体的だということです。「自分がしたいからやる」という考え方はなによりも強いです。自分がしたいからこそ「どうすれば目標を達成できるか」を真剣に考えられます。

目標設定に慣れないうちは「次のテストで80点以上なら〇〇を買ってあげる」というような、ご褒美でもOKです。

これは「外発的動機づけ」と呼ばれ、一時的な効果しかないものの、行動しているうちに「内発的動機」=「やる気」が生まれると言われています。経験上も勉強ができる子はこのような道を通っていることが多いです。

お子さんが「やる気がない」「目標がない」と思われる場合は、外発的動機づけを参考にしてみてください。

 

勉強のできる子の共通点4.だらだらやらない

勉強ができる子の4つ目の特徴は「だらだらやらない」ということです。

成績がいい人は勉強時間は勉強のことに100%集中しています。勉強時間は勉強をとことん頑張って、休憩時間にとことん遊んでいます。

成績が上がらない人は「勉強嫌だな~」と考えながらだらだらと勉強しています。

同じ1時間勉強したとしても、成長の差は歴然ですよね。

 

勉強のできる子の共通点5.本番を見据えて勉強している

勉強ができる子の5つ目の特徴は「本番を見据えて勉強している」ということです。

成績がいい人はテスト本番を意識して勉強しています。だから、テスト前に自分で確認テストをします。「このままじゃテストでできない」ということに気づけます。

成績が悪い人は「まあなんとかなるでしょ」と何も考えていません。だから、テスト本番で確認します。ぶっつけ本番です。

ご家庭でテスト前の「確認テスト」を取り入れることが成績アップの近道になります。

 

勉強のできる子の共通点6.人に聞いたことをすぐやる

勉強ができる子の6つ目の特徴は「人に聞いたことをすぐやる」ということです。「すぐ行動する」というのは大人になっても成功の秘訣ですよね。

成績がいい人はアドバイスをすぐに実行してくれます。素直で実行力があります。

成績が悪い人はアドバイスを面倒くさがってやりません。自分のやり方のほうがラクなんです。

成績が悪い原因を正すには今の行動を変えなければなりません。アドバイスを実行できる人はそれができています。

いきなり大きく変えなくてもいいので、正しい勉強法を少しずつ取り入れることで、勉強ができるようになります。

【成功事例】「勉強の才能がない」と思っていた中学生が定期テスト20点から平均点以上を達成できた勉強法とは?

2019年5月8日

 

勉強のできる子の共通点7.勉強している

勉強できる子の7つ目の特徴は「勉強している」ということです。当たり前ですが、これが一番差を生みます。

成績がいい人はどんなに忙しくても時間をつくって勉強しています。毎日部活があり、生徒会にも入って、さらに習い事をしているような人でも、しっかり宿題をしてくれています。

一方で、成績が悪い人はあれこれと言い訳をして勉強をしません。

勉強するから、勉強ができるようになります。

10分でいいので、毎日勉強するように習慣づけることがとても大切です。

 

さいごに

「勉強法」という言葉があるように、勉強は方法論ばかりが注目されがちです。

しかし、勉強ができるようになるためには、方法以上に「生徒自身の考え方」が大切です。

間違った考え方では、いい勉強はできません。

勉強ができる子の共通点を参考に、考え方をぜひ取り入れてみてください。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)