個別指導塾と集団塾の違いとは?それぞれのメリット、デメリットを解説します!

個別指導塾と集団塾、どっちを選べばいいの?
NAO
こんな悩みに答えます!

「集団塾」と「個別指導塾」でどちらに通わせるべきか。

入塾を考える時には悩みがちですよね。

個別指導塾と集団塾のスタイルの違いはよくわかるものの、結局どちらを選ぶべきなのかはよくわからないです。

そこで、個別指導塾で5年間講師を務めた経験と、高校受験、大学受験ともに集団塾へ生徒として通っていた経験を元に、個別指導塾と集団塾の違いやメリット、デメリットについて詳しく解説します。

塾と通信教育どっちを選ぶべき?成績を上げる学習スタイルの選び方を集団塾、個別指導塾、通信教育、家庭教師を比較しながら解説します!

2019年4月17日

 

個別指導塾と集団塾の違いとは?

塾の授業風景
NAO
それぞれの特徴を見てみましょう!
個別指導塾の特徴
  • 生徒に合わせたレベルや内容で授業を受けることができる
  • 生徒一人のための授業なので、ついていけなくなることがない
  • 宿題でわからないところは自分がわかるまで解説してもらえる
  • 好きな先生を選ぶことができる
集団塾の特徴
  • 学校と同じように集団形式で授業を受ける
  • 学校よりもハイレベルな授業を受けることができる
  • 同じ授業を受ける仲間と競い合える

様々な違いがありますが、一番の違いは「先生の担当生徒の人数」です。

集団塾だと、授業でたった一人にペースを合わせることに限界があります。しかし、その分仲間と競い合うことができます。

しかし、個別指導塾なら、徹底的に生徒に合わせた授業をしてくれるので、授業についていけなくなることがまずないです。しかし、その反面、塾の仲間と競い合うことは難しくなります。

NAO
人数の違いでメリット・デメリットも変わってきます!

 

個別指導塾のメリット・デメリット

NAO
個別指導塾のメリットとデメリットを詳しく解説します!
メリット

個別指導塾のメリット1 授業内容を徹底的に理解できる

個別指導塾ではマンツーマンで授業を受けられるので、授業の内容を徹底的に理解できます。

学校や集団塾では、わからなくても授業が進んでしまうことがありますが、個別指導塾では理解できるまで説明をしてもらえることが大きなメリットとなります。

 

個別指導塾のメリット2 宿題のやり方や学校の悩みなど、細かな相談もできる

担当の先生と双方向の会話ができるので、生徒自身の悩みを相談しやすいことも個別指導塾のメリットです。

例えば、

  • 宿題のやり方
  • 自宅での勉強方法
  • 学校の授業の受け方

など、さまざまな悩みを相談することができます。

 

個別指導塾のメリット3 通塾時間の自由度が高い

個別指導塾の授業は1対1なので、通塾時間を生徒に合わせて決めることができます。

部活や習い事などで忙しい場合は、時間割が合う集団塾を見つけづらいです。

しかし、個別指導塾なら自分のスケジュールに合わせて授業時間を決められるので、部活との両立もしやすいです。

NAO
徹底的に生徒に合わせられることが個別指導塾のメリットです!

 

デメリット

個別指導塾のデメリット1 塾での友達はできにくい

個別指導塾のデメリットとしては、塾での友達はできにくいことです。

1対1の授業になるので、学校のように同じ授業を受ける友達はいないことになります。

だから、塾での友達とのテスト成績を競い合うことは難しいです。

 

個別指導塾のデメリット2 集団塾に比べると費用が高い

個別指導塾は集団塾に比べると費用が高くなりがちになることもデメリットです。

講師1人が生徒1人を徹底的に指導するスタイルのため、生徒1人あたりの講師の人件費がかかってしまいます。

だから、個別指導塾ではどうしても費用が多くかかってしまいます。

 

集団塾のメリット・デメリット

NAO
集団塾のメリットとデメリットを詳しく解説します!
メリット

集団塾のメリット1 学校よりもハイレベルな授業が受けられる

集団塾のメリットは学校よりもハイレベルな授業が受けられることです。

特に難関校を志望する生徒にとって、学校の授業はレベルが物足りなくなります。

しかし、集団塾では毎年多くの生徒たちが難関校合格を目指して授業を受けているので、難関校合格のためのノウハウが蓄積されています。

 

集団塾のメリット2 同じ授業を受ける仲間ができる

集団塾では同じ授業を受ける仲間がいることもメリットになります。

学校よりもハイレベルな授業をさまざまな生徒たちと一緒に受けるので、テストの点数を競い合うことができます。

ライバルの存在によって競争心が刺激される勉強スタイルです。

NAO
自分と同じレベルのライバルができることが集団塾のメリットです!

 

デメリット

集団塾のデメリット1 授業についていけなくなる可能性がある

集団塾のデメリットは授業についていけなくなる可能性があるということです。

集団での授業なので、1人がわからない内容を解説するのには限界があります。

だから、「他のみんなはわかっているのに、自分だけがわからない」ということになれば、あっという間に置いていかれてしまう可能性があります。

 

集団塾のデメリット2 通塾時間が決まっている

集団塾では通塾時間が決まっていることも、デメリットになることがあります。

集団授業のため、「火曜日19時から英語の授業」などと、科目と授業時間はすでに決まっています。

部活や習い事をしている生徒にとって、科目と通塾時間が合わず、毎週通うのが難しくなってしまう場合があります。

 

どちらを選ぶべきなのか?

どちらか悩む

個別指導塾も集団塾もそれぞれメリットがあればデメリットもあります。

結局どちらを選べばいいのか。それぞれおすすめできる人の特徴を解説します。

個別指導塾がおすすめできる人の特徴

先生と生徒の相性が良い
NAO
個別指導塾がおすすめできる人は次のどちらかの人です!
  1. 勉強に苦手意識がある生徒
  2. 部活や習い事で通塾時間に制限がある生徒

個別指導塾では、マンツーマンで徹底的に勉強を教えてもらえるため、勉強に苦手意識のある生徒に最もおすすめできる授業スタイルになります。

勉強に苦手意識のある生徒が勉強できるようになるためには、まずは「勉強に対する自信」をつけることが大切です。

学校や集団塾ではどうしても「自分ができない問題」が出てきてしまうので、自信をつけにくいです。

しかし、個別指導塾なら、自分ができる問題から徐々にステップアップしていけるので、自信をつけながらレベルアップすることができます。

また、部活や習い事で忙しい生徒も、自分に合わせた授業スケジュールを組むことができるので、個別指導塾での学習がおすすめです。

 

集団塾がおすすめできる人の特徴

授業風景
NAO
集団塾がおすすめできる人はズバリ次のような人です!
  • 学校の勉強では物足りない人

集団塾の真骨頂は「ハイレベルな授業」と「ライバルの存在」です。

そのため、勉強が得意で学校の授業では物足りないような生徒に最もおすすめできます。

ハイレベルなライバルとともに切磋琢磨することで、スピードアップして実力を伸ばしていくことができます。

 

必ず体験授業を受けることをおすすめします!

先生からのアドバイスイメージ

個別指導塾と集団塾のそれぞれの違いを解説しましたが、どちらを選ぶにせよ、必ず体験授業を受けることをおすすめします。

成績アップには勉強する生徒自身の気持ちが最も大切です。

体験授業は無料で受けられる塾が多いので、複数の塾を体験することも可能です。

最終的には、「生徒本人のモチベーションが上がる塾」が成績アップのために最も良い塾と言えます。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)