通信教育で成績は上がるの?他の学習スタイルと比べた際のメリット&デメリットを解説します

The following two tabs change content below.

NAO

塾講師として多くの生徒の成績をアップした勉強ノウハウを解説するブログ「スタハピ」の運営者。 阪大&阪大院卒、塾講師歴5年、家庭教師歴6年、商社を経て、IT企業で勤務中。 指導実績や詳しいプロフィールはこちら
通信教育で成績は上がるの?
NAO
こんな悩みにお答えします!

通信教育を始めようと思った時に不安になってしまうのが、「本当に成績は上がるのか?」ということですよね。

すべての学習スタイルで、メリットもあればデメリットもあります。

大切なことは「通信教育の特徴をしっかり理解した上で、選ぶこと」。

これから通信教育での学習を始めることを考えているご家庭のために、通信教育のメリットとデメリットを徹底解説します。

 

結論:通信教育でも成績アップは可能!

通信教育で成績は上がるの?

結論からお伝えすると、

通信教育での成績アップは可能

です!

通信教育での勉強は「学習習慣」をつけやすいため、将来に役立つ力もトレーニングできるおすすめの学習スタイルになります。

中学生通信教育ランキング

中学生におすすめの通信教育ランキングBEST3!成績を上げるための教材を厳選紹介

2019年2月3日
校生通信教育ランキングBEST3

高校生におすすめの通信教育ランキングBEST3!大学受験に合格できる勉強法から逆算して選びました!

2019年4月14日
NAO
それでは、通信教育はどんな人に向いているのか、メリットやデメリットを詳しく解説します!

通信教育の4つのメリット!成績アップができる理由

通信教育のメリットは次の4つがあります。

通信教育の4つのメリット
  1. 実績のあるカリキュラムで勉強できるため、再現性が高い
  2. 教材の質が最高峰のクオリティ
  3. 「先生の教え方」に依存しない
  4. 学習習慣が身につく

順に解説します。

メリット1.実績のあるカリキュラムで勉強できるため、再現性が高い

通信教育は、生徒の目標に沿って教材を届けてくれます。そして、長年の実績でブラッシュアップさせた再現性のある教材になっています。

成績が上がらない原因として、

この教材で本当に目標達成できるの?

と不安を抱えてしまい、

あれこれと問題集を漁ってしまい、結局勉強が進まない

というパターンがよくあります。

しかし、過去の実績がある通信教育で勉強すれば、安心して勉強に集中できます。

 

メリット2.教材の質が最高峰のクオリティ

通信教育は教材だけで勉強するスタイルです。

そのスタイルで成績アップや合格実績を長年積み重ねている教材はもはや最高峰のクオリティまでブラッシュアップされています。

教材そのものが看板商品である通信教育だからこそ、教材のクオリティは非常に高いです。

 

メリット3.「先生の教え方」に依存しない

数学の先生は好きだし、わかりやすいからできる
でも、英語の先生はあんまり好きじゃないし、授業がよくわからない

苦手教科ができる原因として「先生が合わない」という理由がよくあります。

学校や塾に限らず、授業形式の勉強スタイルでは、成績アップはどうしても「先生の教え方」に依存してしまう傾向があります。

「全教科教えてくれる理想の先生」に出会えるならいいですが、なかなかそれも難しいです。

その点、通信教育では教材だけで勉強でき、自分の力で勉強していきます。

したがって、

  • 毎日コツコツ頑張った
  • 解き直ししてわかるようになった
  • 教材の説明で理解できた

という成功体験を他の教科にも応用しやすい勉強スタイルといえます。

教材や本だけで勉強できることは将来、社会に出てからも役立つスキルとして重宝します。

 

メリット4.学習習慣が身につく

通信教育での成績アップは「定期的な家庭学習」が不可欠になります。

塾や学校で先生に言われたからやるのではなく、教材を使って目標達成のために努力する姿勢が大切です。

そのため、勉強のやる気がでないタイプの子にはちょっとハードルが高いです。

しかし、志望校などの目標がある子にとっては、将来に役立つ「学習習慣」を身につけるトレーニングができることは大きなメリットです。

通信教育は、

成績アップだけでなく、将来に役立つ「学習習慣」が身につけられる学習スタイル

です。

 

通信教育の3つのデメリット!選ぶ際の注意点

NAO
通信教育には注意点もあります!

メリットが多い通信教育ですが、デメリットもあります。

通信教育のデメリットは次の3つです。

通信教育の3つのデメリット
  1. 市販教材に比べると価格が高い
  2. やる気がない子にとっては続けにくい
  3. 気軽に質問できる先生がいない

順に解説します。

1.市販教材に比べると価格が高い

通信教育は既にご紹介したメリットがある分、市販教材に比べると価格が高くなっています。

1教科から受講できるサービスがほとんどですが、それでも

1教科月額5,000円以上

は必要です。

この費用面は市販問題集に比べるとデメリットになります。

学習計画やカリキュラムなどに自信のあるご家庭なら、通常の市販問題集での学習もおすすめです。

 

2.やる気がない子にとっては続けにくい

「やる気がない子は続けにくいこと」も通信教育のデメリットです。

学習習慣をつけるきっかけになるなど、メリットも多い通信教育ですが、継続できなければ元も子もないです。

通信教育で成功できるか否かのポイントは

生徒にとって「達成したい勉強目標」があるか

です。

  • 〇〇高校合格!
  • テストで30点アップしたい!
  • 通信教育で勉強したい!

と目標を持っている人なら、通信教育でも成功できる可能性が高いです。

しかし、

  • 勉強はイヤイヤやっている

というタイプのお子様は通信教育でなく、個別指導塾などのほうがおすすめです。

 

3.気軽に質問できる先生がいない

通信教育では担任の先生に「リアルタイムでいつでも質問する」ということは難しいです。

メールなどでの質問対応を受け付けている通信教材が多いですが、

何でも直接教えてもらわないと気が済まない

というタイプの子には向いていないスタイルです。個別指導塾や家庭教師のほうがおすすめできます。

しかし、「教えてもらわないとできない」というタイプのまま過ごしてしまうと、将来的には苦労することが多くなってきます。

  • 教えてもらっていない仕事はできない
  • どうやればいいか自分では考えられない

こういった考え方のままだと社会で活躍できなくなってしまいます。

「勉強ができるだけ」ではダメで、

  • 教材や本に書いてあるかもしれない
  • 調べたらわかるかもしれない

と考えて「自立して学習を続けられる人」が将来的に活躍できるため、いずれはトレーニングが必要です。

通信教育は先生がいないことはデメリットですが、「自立して学習を続ける」という点ではトレーニングにもなる学習スタイルになります。

【メリット絶大】子どもが自発的に勉強する「自立学習」とは?「主体的に学ぶ力」を養う方法を紹介します

2019年8月5日

 

まとめ:通信教育は成績アップだけでなく、子どもの「主体的に学ぶ力」もトレーニングできる

通信教育メリットまとめ
  1. 実績のあるカリキュラムで勉強できるため、再現性が高い
  2. 教材の質が最高峰のクオリティ
  3. 「先生の教え方」に依存しない
  4. 学習習慣が身につく
通信教育デメリットまとめ

市販教材に比べると価格が高い
やる気がない子にとっては続けにくい
気軽に質問できる先生がいない

以上のメリット&デメリットをまとめると、

通信教育とは
高品質の教材を使って、自分で勉強する学習スタイル

と言えます。

通信教育では、塾や家庭教師に比べると強制力が少なくなってしまう反面、「自立して学習を続ける力」がプラスアルファで身につく学習スタイルになります。

勉強のやる気がない子には、まずは塾や家庭教師でモチベーションアップしてもらえる環境を作るのがおすすめです。

しかし、志望校などの目標がある子にとって「学習習慣」が身につけられる通信教育の学習スタイルは非常に魅力的です。

通信教育の中でも特におすすめできる教材を次の記事で詳しく紹介していますので、ご興味のある方はぜひ参考にしてください。

中学生通信教育ランキング

中学生におすすめの通信教育ランキングBEST3!成績を上げるための教材を厳選紹介

2019年2月3日
校生通信教育ランキングBEST3

高校生におすすめの通信教育ランキングBEST3!大学受験に合格できる勉強法から逆算して選びました!

2019年4月14日

他の家庭学習スタイルにも興味がある方は、次の記事に詳しく比較していますので、よろしければお読みください。

「塾」「家庭教師」「通信教育」ではどれを選ぶべき?最適な学習スタイルの選び方を集団塾、個別指導塾、通信教育、家庭教師を比較して解説します!

2019年4月17日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)