高校受験生の理想の勉強時間とは?模試を見れば必要な時間がわかります

高校受験勉強時間
The following two tabs change content below.

NAO

塾講師として多くの生徒の成績をアップした勉強ノウハウを解説するブログ「スタハピ」の運営者。 阪大&阪大院卒、塾講師歴5年、家庭教師歴6年、商社を経て、IT企業で勤務中。 指導実績や詳しいプロフィールはこちら
高校受験勉強は何時間やればいいの?
NAO
こんな悩みにお答えします!

高校受験に向けて勉強を頑張っていても、「勉強時間は足りてるのかな?」「このままで大丈夫なのかな?」と不安に思ってしまいますよね。

高校受験生は何時間勉強すべきなのか。塾講師として多くの受験生を見てきた経験から徹底解説します!

【保存版】塾で教える高校受験の勉強法を完全公開!「合格に必要な3つのポイント」を元に塾なしでも使えるノウハウを徹底解説【いつから?何をすればいい?】

2018年8月17日

【高校入試】偏差値が上がる!高校受験生におすすめの問題集ランキングを塾講師が厳選紹介します!【教材/参考書】

2016年12月31日

高校受験生の勉強時間は何時間?

他の高校受験生は何時間くらい勉強してるの?
NAO
アンケート結果を見てみましょう!

ベネッセ教育総合研究所の調査によると、高校受験生の平均の勉強時間は1日あたり3時間程度です。

(引用)勉強時間 – 高校受験調査 – ベネッセ教育総合研究所

1週間あたりの勉強時間が中学3年生の9月頃で19時間、受験直前期で26時間ほど勉強しているという結果です。およそ1日3~4時間ほど勉強している計算ですね。

なるほど、3時間やればいいのか!
NAO
ただし、あくまで「平均」の時間なので、鵜呑みにするのはNGです!

実は平均の勉強時間だけを見て判断するのはおすすめできません。合格のための「必要時間」は本人の状況によって変わるからです!

 

高校受験において「平均の勉強時間」はあてにならない

なんで平均を参考にしたらいけないの?
NAO
志望校の難しさによって、必要な勉強時間が違うからです!

平均時間を鵜呑みにして、「〇〇時間で大丈夫!」と安心してしまうのはキケンです。

目標は「志望校合格」。そのための必要な勉強時間は人によって違います。

例えば、次のような状況では必要な勉強時間が全然違ってきます。

  1. 偏差値60の高校を志望している、偏差値48の受験生
  2. 偏差値60の高校を志望している、偏差値56の受験生
  3. 偏差値60の高校を志望している、偏差値62の受験生

1の状況なら、合格のためには平均の勉強時間でも全然足りないくらいの大きな努力が必要です。しかし、3の状況なら、平均の勉強時間でも合格可能性は十分あります。

つまり、今の実力から見た「志望校の難しさ」が必要な勉強時間を大きく左右するんです。

 

高校受験生の勉強時間は「模試」で決めるのがおすすめ!

じゃあどうやって勉強時間を決めればいいの?
NAO
模試の結果を参考にしましょう!

必要な勉強時間は「志望校の難しさ」によって違ってきます。

そして、「志望校の難しさ」を測ってくれる便利なツールが「模試」です。

「C判定」「B判定」といった、模試の結果を参考にすると、必要な勉強時間の目安がわかります!

必要な勉強時間の目安
  • E判定の場合:平日3時間、休日8時間
  • D判定の場合:平日3時間、休日8時間
  • C判定の場合:平日3時間、休日6時間
  • B判定の場合:平日2時間、休日5時間
  • A判定の場合:平日2時間、休日4時間

 

模試の判定がD〜E判定の場合

模試の判定がD判定、E判定の場合はかなり危険な状態です。

模試の結果表でも「志望校の変更の検討が必要」と書かれていることが多い判定ですが、「平均的な努力」ではまず合格できません。

でも、どうしても志望校を変えたくない

という場合は、平均を大きく上回る努力が必要です。この状況を覆すためには、1日のほとんどを勉強に費やす覚悟が必要になります。

目安としては、平日は学校を除いて3時間、休日は8時間以上は勉強に向き合うことをおすすめします。

ただし、E~D判定の場合、勉強法が間違っていて「非効率な勉強」をしてしまっている生徒が多いです。

下記で高校受験の正しい勉強法を解説していますので、こちらも参考にしてください。

【保存版】塾で教える高校受験の勉強法を完全公開!「合格に必要な3つのポイント」を元に塾なしでも使えるノウハウを徹底解説【いつから?何をすればいい?】

2018年8月17日

 

模試の判定がC判定の場合

C判定の場合は合格可能性は五分五分です。

今、五分五分なら、ちょっと頑張れば合格できそう!
NAO
その考えは甘いですよ!

C判定は「ちょっと頑張れば合格できそう!」と思ってしまうことが多いですが、忘れがちなのが「ライバルも同じように成長する」ということ。

「皆と同じくらいの成長」だと、ずっとC判定のままになってしまいます。

このレベルで大切なことは、「皆よりも速く成長すること」です。そのためには「平均」の勉強時間ではダメですよね。平均の勉強時間よりもずっと多くの努力が必要です。

目安としては平日は学校を除いて3時間、休日は6時間の勉強時間をおすすめします。

 

模試の判定がB判定の場合

B判定は合格可能性が60~80%と、志望校まであと一歩の実力です。

基本的にはこの調子で問題ないですが、平日2時間、休日5時間くらいの勉強時間は確保しておきたいです。

特に、「C判定で頑張っている人に抜かされてしまわないこと」を注意しましょう。安心していると、後ろからすぐに追い上げられてしまいます。

勉強には余裕が出てきているレベルのため、実力テストだけでなく、内申点対策により力を入れて差をつけるのもおすすめです。

【高校受験】内申点を最速で上げる方法とは?授業態度や提出物よりも大切なポイントを解説します!

2018年5月16日

 

模試の判定がA判定の場合

すでにA判定の実力がある人はこの調子で頑張ることが大切です。

学校での勉強や自宅での勉強時間は十分上手にできているので、あえて変える必要はありません。

過去問題などに挑戦しながら、実力をしっかりキープしましょう。

【高校受験】入試直前の勉強法はコレだけ!合格確率をグーンと上げる「過去問ぐるぐる勉強法」とは?

2019年2月9日

 

高校受験生のための勉強時間の作り方

でも、なかなか勉強する時間がない
NAO
勉強時間をあらかじめ決めておきましょう!

「勉強する時間がとれない」と思う人は「勉強時間をあらかじめ決めておくこと」がおすすめです。

部活や習い事で忙しい人でも、「空白時間が30分もない!」という人はいないはずです。

多くの人の場合、勉強時間を奪っているのは「なんとなく過ごしている時間」です。

勉強時間を奪う「なんとなくの時間」
  • 目的もなく、Youtubeを見ていた
  • なんとなくSNSをチェックしていた
  • 見たい番組ではないが、ついていたテレビを見てしまっていた
  • 勉強が気乗りせず、なんとなくゴロゴロしていた

やりたいことをガマンしなくても、上記のような時間を勉強時間にすることができれば、劇的に勉強時間が増えます。

なんとなく時間を過ごさないためにも、

平日の19~22時、休日の9~12時、14~17時は勉強時間にする!

などと、あらかじめ決めておくことが大切です。

 

さいごに

受験は勝負事です。そのため、「時間をかければ必ず勝てる」ということはありません。

「何時間勉強すれば、合格しますか?」

というのは、

「サッカーを何時間練習すれば、試合に勝てますか?」

という質問と同じです。決まった時間はありません。

大切なことは、後悔しないように「真剣にやりきること」。

勝負が終わってから「もっとやっておけばよかった」と思うことが一番悔しいです。

上記の目安時間を参考に、「今、やれるだけの時間」を精一杯頑張ってください!

【保存版】塾で教える高校受験の勉強法を完全公開!「合格に必要な3つのポイント」を元に塾なしでも使えるノウハウを徹底解説【いつから?何をすればいい?】

2018年8月17日

【高校入試】偏差値が上がる!高校受験生におすすめの問題集ランキングを塾講師が厳選紹介します!【教材/参考書】

2016年12月31日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)