【まだ間に合う!】テスト前日から劇的に成績を上げる5つのコツと超具体的な方法を伝授する【一夜漬け】

 

こんにちは、NAOです。このページを見ている人の中にはテストの3日前とか前日で半ば諦めモードになっている人もいるかもしれません。しかし、前日からでも成績は十分に上げることができるんです。「諦めたらそこで試合終了」です。塾講師の経験から、テスト前日からでも成績を上げられる勉強法をお伝えします。

コツ1.諦めない

テスト前日から成績を上げるためには、まずはあきらめないこと。これが最も大切です。

めちゃくちゃ当たり前のことですが、テスト前日に勉強ができていない絶望的な状況になると、「次頑張ればいいか・・・」と思ってしまう人が少なくありません。

しかし、今頑張れない人に「次頑張る」はできません。まだ時間はあるのですから「次」ではなく「今」頑張りましょう。

コツ2.「覚えること」に集中する

前日のテスト勉強で必要なことは、「明日のテスト中に思い出すこと」です。明日まで覚えていられるような勉強をしなきゃ意味ないんです。

以下のようなことはやめましょう。

  • まとめノートを作る
  • 友達のノートを写す
  • 教科書を読む

テスト1か月前ではないんです。「覚える」に直結しないことをやる暇などありません。

では何をするのか。ズバリ「問題集を解くこと」です。もっと言えば「同じ問題を何度も解きまくること」です。

「同じ問題を解きまくる」という行動はつまらないです。しかし、記憶に必要な要素(記銘、保持、想起)が詰まっている最強の勉強方法なんです。昔から使われている方法にはきちんと意味があります。

時間がない時こそ、「問題集で同じ問題を解きまくること」が大切です。

コツ3.難しい問題を捨てる

テストで成績を上げるには、「テストに出る問題を覚えて解ける状態にすること」が大切です。

しかし、覚えるためにはざっくりと次の3つの段階が必要になります。

  1. 理解:答えを見たら意味がわかる
  2. 練習:うろ覚えの状態
  3. 記憶:見なくてもわかる

同じ問題を解きまくって、「理解」⇒「練習」⇒「記憶」と段階を踏んでいきます。成績アップのために特に必要なのが、記憶に直結する「練習」の部分です。ここに時間を割きましょう。

そのためには「理解」に時間がかかる難しい問題は捨てることが大切です。2時間かけて難しい問題を1問「理解」したとしても、「記憶」までいかなければ点数にはなりません。

しかし、同じ2時間を基本的な問題の「練習」に使えば大きく点数を上げることができます。

難しい問題は後回しにして、多くの問題を記憶することを優先しましょう。

コツ4.勉強時間の20%は復習にあてる

「昨日やったのになんだっけ?思い出せない!!」

テスト中にそんなことになったら悲しいですよね。では、なぜそんなことになってしまうのでしょうか。

その理由は簡単で、単純な復習不足です。テスト前日は多くの問題を解きたい気持ちになりますが、復習も大切にしなければなりません。

目安として、勉強時間の20%ほどを復習にあてることをおすすめします。

当日の朝にも早起きして勉強ができる人は、「当日の朝は新しい問題はやらずに復習をする」とルールを決めてみてください。「やったのに思い出せない」と点数を落とすことがなくなります。

コツ5.直前に見返す

テストの直前の休み時間はなにをして過ごしていますか?さっき終わったテストについて友達と反省会はしないでください。次のテストのために時間を使いましょう。反省会はテストが全て終わってからです。

テスト直前の短い時間にも復習はできます。10分で復習することを考えておきましょう。

例えば、テスト当日の朝と直前の休み時間に見返すためのメモを1枚だけ作っておくことです。そのメモはすぐに捨てるものなので、作成には時間をかけず、殴り書きのものでOKです。

メモを見て、「こんなのあったな」と思い出すだけでも、テスト中に思い出しやすくなり、劇的に点数アップにつながります。

具体的な勉強方法

以上を満たす具体的な勉強方法の例は以下になります。

【前日】

  1. 問題集を取り出す。
  2. 1ページ解いて、できないものにチェックする。
  3. 解説を読んで理解する。(理解できそうなものだけにすること!)
  4. もう一度解く。
  5. 上記1~4を繰り返して問題集を進める。
  6. 残り時間の20%は新しい問題は禁止。復習に徹底する。(大切!)

【当日の朝】

  1. 前日に間違えた問題をもう一度見返す。
  2. テスト直前の休み時間にサラッと見返すメモを1枚だけ作っておく

どうでしょうか。当たり前じゃんと思う人もいるかもしれません。

しかし、当たり前のことができていないために点数を伸ばせない人は非常に多いです。

特にできていないのが、「同じ問題を繰り返すこと」と「難しい問題を捨てること」、「残り時間の20%を復習に充てること」です。

時間がないと焦ってしまってなかなかできませんが、時間がない時は完璧主義的な考えは捨てなければならないのです。

「覚えること」こそが点数アップにつながるのだということは忘れないでください。

さいごに

上記のことを頑張れば、限界まで成績を上げることが可能です。

「諦めたら試合終了ですよ」by安西先生(スラムダンク参照)

しかし、それでも次からはテスト2週間前くらいからは勉強を始めておきましょう。

今回の勉強方法をテスト2週間前からやっておけばさらなる高得点を狙えます。

スポンサードリンク

【お知らせ】私の勉強ノウハウが書籍化されました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です