【高校受験】実力テスト&模試の点数アップ!塾講師が選ぶ中学生のおすすめ問題集

f:id:jdaaabc:20161231151320p:plain

こんにちは、NAOです。大学受験に比べると、市販の高校受験用の問題集は良書が少ないように思います。今回は本当におすすめな問題集とそれらを使った勉強法を紹介します。

受験基礎(偏差値50を目指す)

模試の偏差値が50以下の人(実力テスト平均点以下の人)は、「覚えていれば誰でも解ける基本問題」を落としてしまっている状況です。

偏差値50突破には、以下の2つがポイントとなります。

  1. 苦手単元を作らないこと
  2. テストで確実にできるように最低5~10回は解き直しをすること

したがって、まず取り組むなら「基本的な問題を総復習でき」、「問題量が少ない」問題集がオススメです。

①受験生の50%以上が解ける落とせない入試問題シリーズ

受験生の50%以上が正解できた入試過去問題だけを集めた問題集です。この問題集のいいところは全ての問題に正答率がついているところです。「この問題は73%の人ができた」と知って取り組むことができるので、私の生徒たちも「やる気が出る」と言ってくれています。

また、1ページあたりの問題量も少なく、1日10ページ進めることも可能なので、すぐに結果を出したいならこのシリーズがオススメです。

②高校入試合格BON!シリーズ

中1から中3までの内容を体系的に復習できる問題集です。各項目は「要点整理」の2ページと「問題演習」の2ページの4ページで構成されています。「要点整理」で基本を確認した後に、「問題演習」で入試問題を解くイメージとなります。「問題演習」の後半は少し難易度が高くなっていますので、今は飛ばしてもOKです。まずは基本問題で落とさないことを重視してください。

1日1項目進めても1か月ほど必要であるため、じっくりと学習できる方にオススメです。時間がない場合はとりあえず「要点整理」の2ページのみを進めるという使い方もできます。

「解き直しができるなら」という条件付きですが、上記①『受験生の50%以上~』との併用もおすすめです。

③番外編:『まんが攻略BON!』で苦手意識をなくそう

問題集ではないのですが、「勉強しようにもなにがなんだかわからない」という人にはマンガ参考書がおすすめです。その名も『まんが攻略BON!』。上記②の『高校入試合格BON!』の姉妹編ですね。マンガは絵があるのでわかりやすいですし、短時間で読めるため何度も読み直すことができる利点があります。

苦手意識をなくすにはもってこいのテキストです。他にも「古文」や「歴史」、「公民」などたくさんありますので、まずは苦手教科1冊から試してみてはいかがでしょうか。

簡単なチェック問題もところどころに付いていますが、結果を出すには上記①、②との併用をオススメします。

 

④番外編:映像授業で「わからない」をなくそう

マンガだけでなく、スタディサプリも「わからない」をなくす教材としておすすめです。

利用料も月に1000円程度と、塾に行くよりずっとお得です。しかも、安かろう悪かろうではなく、講師は超一流なんです。『世界一わかりやすい英文法の授業』の著者である関先生も講師をしています。

【参考:関先生の紹介動画】

www.youtube.com

偏差値50突破のためのオススメ勉強法

★上記の問題集で間違えた問題を5~10回解き直す(スラスラとできるまで)

★上記の問題集でわからないところは学校のワークやプリントで類題演習をする

★「次のテストで似たような問題が出たら解けるか」をいつも意識する

★「なにがなんだかわからない」という教科はマンガや映像授業で入門する

ハイレベル(偏差値60を目指す)

偏差値60突破には、以下の2つがポイントとなります。

  1. 基本問題で絶対に落とさない
  2. 難しい問題も得意分野なら解ける

したがって、「基本問題を落とさないための勉強」と「応用問題を得点するための勉強」を並行して行うことがオススメです。

①受験生の50%以上が解ける落とせない入試問題シリーズ

受験生の50%以上が解ける 落とせない入試問題 国語 改訂版

受験生の50%以上が解ける 落とせない入試問題 国語 改訂版

受験生の50%以上が解ける 落とせない入試問題 理科 改訂版

受験生の50%以上が解ける 落とせない入試問題 理科 改訂版

受験生の50%以上が解ける 落とせない入試問題 英語 改訂版

受験生の50%以上が解ける 落とせない入試問題 英語 改訂版

受験生の50%以上が解ける 落とせない入試問題 数学 改訂版

受験生の50%以上が解ける 落とせない入試問題 数学 改訂版

受験生の50%以上が解ける 落とせない入試問題 社会 改訂版

受験生の50%以上が解ける 落とせない入試問題 社会 改訂版

「受験基礎」でも紹介した、受験生の50%以上が正解できた入試過去問題だけを集めた問題集です。「基本問題を落とさないための勉強」としてオススメです。

もし、この問題集で全問正解できない単元があれば大反省することが必要です。偏差値60を目指す人は「平均(偏差値50)より抜きん出ること」を目指す人だからです。皆ができない問題をできるようになろうとしています。皆が正解できる問題で落としているのはもったいないです。その点が「受験基礎」と違う考え方です。

②受験生の50%以下しか解けない差がつく入試問題シリーズ

受験生の50%以下しか解けない 差がつく入試問題 数学 改訂版

受験生の50%以下しか解けない 差がつく入試問題 数学 改訂版

受験生の50%以下しか解けない 差がつく入試問題 社会 改訂版

受験生の50%以下しか解けない 差がつく入試問題 社会 改訂版

受験生の50%以下しか解けない 差がつく入試問題 国語 改訂版

受験生の50%以下しか解けない 差がつく入試問題 国語 改訂版

受験生の50%以下しか解けない 差がつく入試問題 英語 改訂版

受験生の50%以下しか解けない 差がつく入試問題 英語 改訂版

受験生の50%以下しか解けない 差がつく入試問題 理科 改訂版

受験生の50%以下しか解けない 差がつく入試問題 理科 改訂版

こちらは打って変わって、受験生の50%以下しか正解できなかったかなり難しい入試過去問題だけを集めた問題集です。「応用問題を得点するための勉強」としてオススメです。

50%以上と同様に全ての問題に正答率がついており、「難しいけど、32%の人ができたのか!負けないぞ!」と勝負している実感が湧きます。私の生徒たちにも人気の問題集です。

たまに「正答率3%」というようなかなり難しい問題(「差がつく」と記載)も掲載されていますので、どのくらいを目指すかにもよりますが、偏差値60ピッタリが目標であれば飛ばしても問題ありません。教科の得意不得意とも相談してください。

偏差値60突破のためのオススメ勉強法

★上記の問題集で間違えた問題を5~10回解き直す(スラスラとできるまで)

★苦手が残る分野は学校のワークやプリントで類題演習をする

★難問でも諦めずじっくり考え、思考力をつける

★「次のテストで似たような問題が出たら解けるか」をいつも意識する

★とにかく「基本問題で落としてはいけないこと」を考える

最高峰への道(偏差値70を目指す)

偏差値70突破には、以下の2つがポイントとなります。

  1. どんなに難しかろうが見たことがある問題は絶対に落とさない
  2. 見たことがない応用問題でも得点できる思考力をつける

したがって、「ありがちな応用問題を落とさないための勉強」と「最高峰の応用問題を得点するための勉強」を並行して行うことがオススメです。私自身の経験(大阪府立北野高等学校出身)とも合わせて考えると、偏差値70を突破するには「この世にある中学生用の問題なら絶対に解ける」と考えているくらいがちょうど良いと思います。

①受験生の50%以下しか解けない差がつく入試問題シリーズ

受験生の50%以下しか解けない 差がつく入試問題 数学 改訂版

受験生の50%以下しか解けない 差がつく入試問題 数学 改訂版

受験生の50%以下しか解けない 差がつく入試問題 社会 改訂版

受験生の50%以下しか解けない 差がつく入試問題 社会 改訂版

受験生の50%以下しか解けない 差がつく入試問題 国語 改訂版

受験生の50%以下しか解けない 差がつく入試問題 国語 改訂版

受験生の50%以下しか解けない 差がつく入試問題 英語 改訂版

受験生の50%以下しか解けない 差がつく入試問題 英語 改訂版

受験生の50%以下しか解けない 差がつく入試問題 理科 改訂版

受験生の50%以下しか解けない 差がつく入試問題 理科 改訂版

「ハイレベル(偏差値60)」でも紹介しましたが、偏差値70を目指すなら、この問題集でパーフェクトを目指してよいくらいのレベルになります。「ありがちな応用問題を落とさないための勉強」としてオススメです。

間違えた問題については「次にできるためにはどうすればいいか」を反省し、スラスラと解けるまで何度も反復演習を行ってください。

②最高水準問題集シリーズ

最高水準問題集 高校入試 数学 (シグマベスト)

最高水準問題集 高校入試 数学 (シグマベスト)

最高水準問題集 高校入試 社会 (シグマベスト)

最高水準問題集 高校入試 社会 (シグマベスト)

最高水準問題集 高校入試 理科 (シグマベスト)

最高水準問題集 高校入試 理科 (シグマベスト)

最高水準問題集 高校入試 英語 (シグマベスト)

最高水準問題集 高校入試 英語 (シグマベスト)

最高水準問題集 高校入試 国語 (シグマベスト)

最高水準問題集 高校入試 国語 (シグマベスト)

国立高校や難関私立高校の入試問題から良問を厳選した最高レベルの問題集です。「最高峰の応用問題を得点するための勉強」として超おすすめです。Amazon紹介文に「とことんていねいな解説があるため、どんな難問も必ず理解できます。」とありますが、ホントに解説が丁寧なんです。

骨のある問題ばかりですが、焦らずに一問一問じっくりと考えてください。30分に満たない思考時間で答えを見てしまうと意味がありません。見たことのない問題に対処するには自分の頭脳しか頼れません。

「この世にある中学生用の問題なら絶対に解ける。答えなんかいらない。」そう思えた時が偏差値70突破の瞬間です。

偏差値70突破のためのオススメ勉強法

★難問でも諦めずじっくり考え、思考力をつける

★どんなに難しかろうが、見たことがある問題で間違えたら大反省する

★苦手克服のためなら「学校のプリント3年分全てを復習する」くらいの熱意を持つ

★「この世にある中学生用の問題なら絶対に解ける」と考える

まとめ

最後までお読みいただき有難うございました。自分にあった問題集をしっかり解き直して、実力グングンと上げていってください。上記の問題集を使っていない方がいらっしゃっても心配しなくて大丈夫です。受験の合否は問題集だけでは決まりません。ただ問題のレベルだけはご注意ください。

大切なことなので、もう一度言います。問題集はしっかり解き直しをしてくださいね。

受験の合否は問題集だけでは決まりません。勉強量で決まります。一番大切なのは解き直しの回数です。(何回言うねん。でも、それくらい中学生のみなさんは解き直しが足りていないんです。5回~10回は必要です!)

みなさまの模試や実力テストの点数がアップすることを願っています。

今回紹介できませんでしたが、定期テストの勉強法について興味がある方はこちらもぜひご利用ください。勉強に対する考え方から各教科の具体的な勉強法まで紹介しています。

あわせて読みたい!
スポンサードリンク

【お知らせ】私の勉強ノウハウが書籍化されました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です