【高校受験合格マップ】いつから始める?効率的な勉強法は?おすすめ問題集は?受験生のギモンに全て答えます!

高校受験対策はどうやってやればいいの?
NAO
塾で教える勉強法を徹底的に教えるよ!

私はこれまで、個別塾講師として、多くの高校受験生を担当してきました。

高校受験生と保護者様に共通する悩みが「志望校に合格したいけど、何をしたらいいかわからない」ということです。

  • いつから受験勉強を始めればいいのか?
  • どんな勉強法でやればいいのか?
  • 問題集はどうやって選べばいいのか?
  • 内申点の上げ方はどうすればいいのか?

などなど、わからないことがたくさんありますよね。

わからないまま、ただガムシャラにやっていても結果は出ません。

「高校受験の合格可能性を上げる勉強法」は存在します。

高校受験を意識し始めた中学生や保護者様のために、塾講師としてのノウハウを徹底解説します!

 

高校受験勉強を始める時期

高校受験勉強はいつから始めればいいの?
NAO
中3の春休みからは始めておきたいですね!

高校受験勉強は主に以下の2つに分かれます。

  1. 定期テストの勉強
  2. 実力テストや模試の勉強

定期テストの勉強は、新しく習ったことを理解して実力を伸ばす勉強として大切です。

実力テストや模試の勉強は、これまでに習ったことを復習して、いつでも解けるようにするために必要です。

この2つをしっかりやっておけば、まず間違いありません。

それでは、「実力テストや模試の対策はいつから始めればいいの?」と思われますよね。

私が塾講師として担当する生徒には、最低でも春休みからは始めてもらっています。

それ以降でも「絶対間に合わない」というわけではありませんが、余裕をもって受験勉強をしたいなら、春休みには始めておきたいです。

準備不足で行きたい志望校に合格できなかったらイヤですよね。

高校受験に合格するためには、中学校で勉強した全ての範囲の実力が必要です。

入試には中3の内容だけでなく、中1で習う内容も出ます。

その復習のためにはある程度の時間が必要になってきます。

「高校受験対策は中3の春休みから!」

これを肝に命じてください。

詳しい高校受験のスケジュールについては以下の記事でも解説しています。

高校受験はいつから始めればいいの?受験勉強と定期テスト対策を両立するスケジュールを解説します

2018.05.19

もし、春休みから高校受験勉強を始められていない人は危機感をもって取り組んでください。

しかし、諦める必要はありません。勉強法や問題集の部分で最速で実力を伸ばしていけばOKです。

この記事では後ほど「最速で合格できる勉強法」と「おすすめ問題集」を解説します。

それを読んでグングンと実力を伸ばしていってください。

 

高校入試に最速で合格できる勉強法

高校受験勉強はどうやってやればいいの?
NAO
定期テスト対策と実力テスト対策を分けて行いましょう!

すでに紹介したとおりですが、高校受験で最速で合格するためには次の2つの勉強が必要です。

  1. 定期テストの勉強
  2. 実力テストや模試の勉強

これらは勉強法が違うので、分けて考えましょう。

定期テスト2週間前からは「定期テストの勉強」、それ以外は「実力テストや模試の勉強」と分けて勉強すると両立ができます。

それぞれの具体的な勉強法を解説します。

1.定期テストの勉強法

定期テストの勉強で大切なポイントはずばり問題集選びです。

テストに出やすい問題が載っている問題集を使って勉強するほうが絶対に効果がありますよね。

おすすめの問題集と、それを使った勉強法を以下の記事で詳しくまとめましたので、ご覧ください。

【中学生】定期テスト対策用のおすすめ問題集を厳選紹介!テストの点数を劇的に上げる勉強法も解説します!

2017.01.12

2.実力テストと模試の勉強法

実力テストや模試の勉強で大切なポイントは今までに習った範囲の復習です。

実力テストも模試も「今まで習った全範囲」が出題されています。

だから、「今まで習った全範囲」を覚えておく必要があります。

今まで習った全範囲の復習なんて大変すぎる・・・

そう思うかもしれませんが、安心してください。

しっかり準備をすれば、効率的に勉強することができます。

実力テスト勉強の準備とは、「これまでのテストの分析」です。

分析をすれば、できなかった問題がわかります。

できなかった問題をまとめていけば、「自分が苦手な範囲」がわかります。

苦手範囲を集中的にやれば、劇的に点数が上がります。

「できる問題ばかりトレーニングしている」

これ、「やってもやっても成績があがらない」という人がよくする間違いです。

正解できる問題が次に正解できても「現状維持」です。

正解できなかった問題を次に正解できるようにするのが「点数アップ」になります。

効率的に成績をあげるためには、「今できない問題のトレーニング」を徹底的に勉強してください。

「今できない問題のトレーニング」だけに絞って勉強することで、勉強時間の全てが成績アップにつながります。

最速で実力を伸ばしていく秘訣です。これをやったおかげで「E判定だった高校に合格できた」という中学生は何人もいます。

この勉強法については次の記事でも詳しく解説しています。

実力テストや模試の点数が上がらない中学生がやるべき7つの勉強方法を解説します!【目指せ高得点!】

2018.07.19

この勉強法で使う「おすすめ問題集」を次で紹介します!

 

高校入試対策のおすすめの問題集

高校受験対策にはどんな問題集を使えばいいの?
NAO
自分のレベルに合った「わかりやすい問題集」です!

実力テストや模試の対策を進める上で効果的なのは、「今できない問題のトレーニング」です。

でも、今できない問題をできるようにするのは、かなり難しいことですよね。

この範囲が難しすぎて、できるようになる気がしない・・・

と生徒たちはよく言っていました。

しかし、私が授業すると、

なんだ!カンタンじゃん!

と喜んで、勉強してくれるようになります。

授業でやっていることは次の2つです。

  • 今のレベルより少しだけ上のレベルの問題を選ぶこと
  • わかりやすく解説すること

今のレベルより高すぎると、わからなさすぎて、やる気がなくなります。

今のレベルよりカンタンすぎても成績は上がりません。

「少しだけ上のレベル」というのが大切です。

それを、わかりやすい解説で勉強すれば、どんどんできるようになっていくので、勉強が楽しくなります。

わかりやすい解説は塾じゃないとダメなんじゃないの?

と、不安かもしれませんが、大丈夫です。

実は、塾並みにわかりやすい解説がついている問題集が市販されています。

以下の記事におすすめの問題集をレベル別にまとめていますので、ご覧ください。

成績が劇的UP!高校受験生におすすめの問題集ランキングを塾講師が厳選紹介します!【教材/参考書】

2016.12.31

 

内申点の効果的な上げ方

内申点が必要なのだけど、内申点はどうやって上げたらいいの?
NAO
内申点の上げ方はカンタンですよ!

内申点とは、カンタンに言えば「中学校での成績」を表す数値です。

公立高校や一部の私立高校では、入試の点数に加算されて重要視されるポイントですよね。

実は内申点を上げるのはとってもカンタンです。

次の記事で内申点を上げる方法を詳しく解説しています。

内申点を最速で上げる方法とは?授業態度や提出物よりも大切なこと【高校受験】

2018.05.16

 

まとめ

  1. 定期テスト対策
  2. 実力テスト&模試対策

上記の2つをしっかりやれば、必ず結果がでます。

今、模試の判定がE判定でも諦めないでください。

私が教えた生徒たちはE判定からでも合格をもぎ取ってくれました。

やったことはこの記事で説明したとおりです。

わかりやすい問題集で効果的に勉強すれば成績は面白いように上がっていきます。

そして、成績が上がっていくのが実感できると勉強が面白くなって、やる気も出るんです。

やる気が出ると、もっと集中して勉強してくれるので、さらに成績が上がっていきます。

そうして、実力テスト20点→80点のような生徒が生まれていきます。

勉強ができるようになると、人生が楽しくなるので、ぜひ紹介した勉強で成績を上げてみてください!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)